パリ13区 現代建築さんぽ~斬新!思わず写真に収めたくなる建物たち~

パリの街は美しい。

歴史を感じる、彫刻のようなオスマニアン建築は

いつ見ても美しい。

……が、それが日常になると、

新鮮味がなく、飽きてきたりもする(笑)

大多数ではないと思いますが、

私みたいな人間が 少なからず いらっしゃるかと思います。

ひっさしぶりに快晴だった週末、

晴れ渡る空にぴったりな現代建築を見に

13区をおさんぽしてきました♪

おさんぽの はじまりは13区の はしっこから。

それでは さっそく おさんぽスタート!

今回の おさんぽは 13区の南端→オステルリッツ駅へと北上していく感じで歩きます。

トラム T3 a線Avenue de France を下車すると、

目に飛び込んでくるのが、こちら↓↓


Les Tours Duo

高さ 180mと122mの巨大なビルが まさに「そびえ立つ」さま は圧巻!

波打つビルの窓ガラスが太陽光を反射して、とても美しいです。

設計は アラブ世界研究所ケ・ブランリ美術館などで 有名なジャン・ヌーヴェルのアトリエが手掛けているそう。(やっぱり!)

2021年に完成予定。ビルはオフィス、店舗、レストラン、庭園などのある複合ビルになるそうです。

ジャン・ヌーヴェルの建物については、こちらの記事でも↓↓

パリ20区紹介〜vol.3 5区〜
ケ・ブランリ美術館【フランスにいながら アジア・アフリカ・南アメリカの文化を楽しめる美術館!】

周辺にも 個性的な建物が立ち並びます。

特に有名なのが、下の2つ。

La Tour Home

200戸のアパートが入ったこちらのビルは、フロアが互い違いに重なるように見えて、まるで「ジェンガ」のようで面白い!

La Tour M6B2

名前からして斬新なこちらの建物は、tour de la biodivercité (生物多様性の塔)、tour semencière (種を蒔く塔)とも呼ばれています。

写真だと分かりにくいのですが、こちらのビルのガラスは、太陽光によって玉虫色に輝いて、これまた魅力的✨

全体に網が張り巡らされていて、そこで植物を育ているのが、tour semencière と呼ばれる所以なんですかね(^^)

ちなみに、2つの建物に挟まれた、下の建物もオシャレです♪↓↓

銀色の建物は ロボットみたい。
黒いのは、外壁が鱗っぽい。

そこから少し歩くと見えてくるのが…

L’École Nationale Supérieure d’Architecture

国立の建築学校があるビル。もともとは工場だった建物をリノベーションした建物は、煙突を そのまま残していたりと、懐かしさと新しさのある建物です。

カッコよくて絵になります。

さらに住宅街方面に入っていくと見えてくるのが、

La Cité du Refuge

赤・黄色・青がポップなこちらの建物は、サヴォア邸で有名な建築家ル・コルビュジエが設計したビル。住宅と社会復帰施設を兼ねています。

フランス国立図書館周辺は、「パリ」じゃないパリ。

オステルリッツ駅方面へ足を進めると、フランス国立図書館周辺に。

初めて来られる方には、「こんなパリもあるんだ!」と

まさに新鮮に見えるエリアですね(^^)

セーヌ川沿いを歩いていると見えてくる こちらの建物も斬新↓↓

Immeuble Fulton

ベランダの壁が光によって七色に輝くのが印象的なアパート。

ベランダの「ちぐはぐ」加減も良い感じです✨

セーヌ川側から見ると、インパクト大!

最後は圧巻のこちらで。

おさんぽのゴールは、オステルリッツ駅の真横にあるこちら!↓↓

Le siège du journal Le Monde

ル・モンド紙の新社屋が入った こちらの建物。

75周年を記念して建てられたそうで、ノルウェーの建築事務所の設計です。

巨大で大きなうねりが印象的な設計は、

まさに13区の現代建築エリアの「代表」って感じ。

思わず見入ってしまう迫力です。。。


今回は、大きな見どころをざっくりと紹介しましたが、

このエリアは 名の知れていないビルでも斬新でカッコいいものがいっぱい!

色々歩いて探検して、お気に入りを見つけて下さい(^^)

オスマニアン建築のパリが好きな方も、

そうでない方も(笑)、

行くと何か ひらめきがあるかも!

このエリアの建物は まさに「現代アート」!


◎「おさんぽ」=「ひらめき探し」

パリ20区紹介〜vol.2 13区~ 
パリ16区 ときめきのアール・ヌーヴォー建築さんぽ♪ 
No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す