パリ 10区のパン屋さん Kopain 【有名パティシエが手掛ける初のブーランジェリー 】

さぁ 大体月イチ ペースで お送りしております、パン屋巡り!

先月は 2021年バゲットコンクール優勝店のバゲットを抜かりなくチェックしました。

2021年 パリ バゲットコンクール優勝店 Les Boulangers de Reuilly の実力派バゲットを味わってみた!

今月訪れたのは、9月の終わり頃に「新オープンのブーランジェリー」というネット記事を読んで気になっていた こちらのお店↓↓

Kopain さんです✨

パンの見習い経験も。パティスリーのスターシェフChristophe Michalak の ブーランジェリー

10区の賑やかで活気のある通り rue du Faubourg Poissonnière にある Kopain さんは、超有名パティシエ Christophe Michalak さんが初めてオープンさせたパン屋さん。

Christophe Michalak さん は、過去にパリの5つ星ホテル プラザ・アテネ でシェフ・パティシエを務めた経歴を持ち、現在はパティスリーの店舗の展開(日本にも店舗があるそうですね!)や書籍の出版、料理番組の出演など、精力的に活動しているパティシエです。

「パティシエがパン屋?」とお思いになる方もいらっしゃるかと思いますが、

フランスでは、人によっては パティスリーとブーランジェリー両方の見習い研修を受けて職人の資格を取る人もいて、15歳の時からパティスリーの世界に足を踏み入れた彼も、同じくブーランジェリーでの見習い経験があり、「いずれは パンやヴィエノワズリーの分野でも活動を広げていきたい」という思いが以前からあったそうです。

「Copain = 友達」というフランス語を掛けた、可愛らしい店名の ブーランジェリー、どんな お店か楽しみです(^^)

オススメはヴィエノワズリー!店内の様子は…

ではでは さっそく中へ!

入ってすぐ左側には お店で使っている粉たちが↓↓

BIOの粉をメインに使っているそうです。

最近のパン屋は「見せるスタイル」が多いなぁ…

そして正面に パン → サンド・惣菜系 → ヴィエノワズリー → 焼き菓子 の順に商品が並びます。

パンの種類は 3~4種類と限定されていて、

主力商品はヴィエノワズリーと焼き菓子系。

ヴィエノワズリーは、AOPバターを使用していてクオリティの高さが一目瞭然。

大人数でシェアする、BIG ブリオッシュ・ショコラやBIG パン・オ・レザンは、目立つし、話題にしやすいので、お土産とかにオススメ。

焼き菓子も さすがパティスリーのシェフ、と言ったクオリティでした。

お店の雰囲気は お洒落ながらも温もりのある感じ。

店員さんは 笑顔でハキハキ、購入したパンをエコバッグに入れる際に手伝ってくれたりと、とても印象が良くてポイント高かったです✨

本日の購入品。

続きましては、実食レポート!

Pain Kopain 1/4サイズ 5€

店名を冠した 食事パン。1/4サイズから購入出来ます。

1/4といっても、20センチ四方くらいあるので かなりのボリューム!

しっかりと焼き込まれた皮は バリバリと香ばしく、

特筆すべきは パンの弾力!

むっちむちで、まるで お団子のようです(^^)

酸味も 程よく、食べ応えもあり、日々の食事の お供に ぴったりなパンでした。

Baguette 1,50€

先の Pain Kopain と同じ生地のバゲットバージョン。

成形の性質上、より表面の皮を楽しむためのパン。

こちらも しっかりと焼かれていて、

皮面の香ばしさが 口いっぱいに広がります。

香ばしさの方が強いので、中身の酸味は コチラのパンの方が やや控えめに感じられます。

好みに合わせて選ぶと良いかも!

Croissant Bretzel 3,00€

その名の通り、クロワッサン×プレッツェル!

お店のオススメ商品。

一口かじると、

まずは あのプレッツェルの塩気とパリッと感、

食べ進めると、クロワッサンの甘いバターの味が じんわりと広がっていきます。

1つで二度美味しい、楽しいパンです♪

ビールの アテにも良さそうだけど、クロワッサンは ちょっと重いかな?

Brioche Perdue 2,60€

興味があって、急遽買うことにした ブリオッシュのパンペルデュ。

表面は キャラメリゼしてあります。

通常のパンペルデュとは違って、

アパレイユは 控えめで べちゃべちゃしていないタイプ。

おそらく 全ての材料を一回撹拌してから(パンも)型に入れて焼いているのかな?

その どっしり感は

「しっとりとしたパウンドケーキ」という感じでした。

甘さも くどくなくて ちょうど良い。

ブリオッシュの二次加工品とは 思えないほど、

完全な「焼き菓子」✨✨

ぜひ お試しあれ(*´ω`)

Short Bread 1,00€

シンプルな材料なのに、

無性に食べたくなる ヤバいやつ、ショートブレッド。

他のショートブレッドと、ここが違う!

という所は ありませんでしたが(笑)、

基準通りの、パーフェクトな甘さと塩加減でした♪


お値段は 町場のパン屋さんよりは、やや割高ですが、

味良し・接客良しなので、コスパの良い店確定

この界隈は 定期的に用事があるので、

これからも お世話になりそうです(*´ω`)

Kopain

Adresse : 60 Rue du Faubourg Poissonnière 75010 Paris

最寄駅 : メトロ 7号線 Poissonnière 駅、Cadet 駅

営業時間 : 火曜~金曜 8:00-20:00、土曜 8:30-19:00

定休日 : 日曜、月曜

HP : https://www.boulangeriekopain.com/

◎「昔ながら」のパン屋さんもあるけど、パリには 「お洒落系」パン屋さんも増えている↓↓

Dupain【パリ11区のパン屋さん・BIOパンの代表格!】
パリ 11区のブリティッシュ・ベーカリー TEN BELLES BREAD【コーヒーショップが手掛けるパン屋さん】
No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す