フランス 旬の きのこを思い切り楽しむ。【今が旬!おうちで きのこ祭りしたら幸せすぎた。】

あの、太陽燦々とした、爽やかな夏は あっという間に過ぎ去り、

朝は 1ケタの気温が当たり前になったパリ。

パリは 夏が過ごしやすくて好きなのですが、

この時季の憂いを帯びた雰囲気も、なかなかロマンチックで魅力的です。

(そして 長すぎる冬の終盤に うんざりする笑)

「秋」と言えば、世界共通?、きのこ が美味しい季節!

昨年は、フランスで食べることが出来る

代表的な きのこを4つ、紹介させていただきました♪

食欲の秋!フランスの ごく旨 キノコたち

「今年も 旬のきのこを、思う存分楽しもう!」

と言うことで、

↓↓の3種のきのこを使って、きのこ三昧のごはんを味わいました♪

La Girolle ジロール茸Le Cèpe セップ茸La Trompette de la mort クロラッパ茸の3つ。

それぞれの きのこで、簡単な きのこ料理を3品作りました。

レシピは フランスで お馴染みのレシピサイト、Marmiton や、750g のレシピを参考にして作ってみました。

良かったら、以下 レシピをご参照下さい♪

その① La Girolle ジロール茸のオムレツ

まずは 鉄板?のジロール茸のオムレツ!

~材料(2~3人分)~

・ジロール茸 300g ・玉ねぎ 1個 

・ニンニク 1かけ 

・イタリアンパセリ 適量

・卵 4個 ・生クリーム 大さじ2 

・塩胡椒 適量 ・オリーブオイル 適量

~手順~

① 熱したフライパンにオリーブオイルを敷き、刻んだ玉ねぎ・ニンニクを炒める。

② 洗って水気を切ったジロール茸を適当なサイズに切り(小さいものは そのままでOK!)、①に入れ、汗をかくまで加熱する。

③ 刻んだパセリをフライパンに入れる。

④ ボールに卵を割り、生クリームと塩胡椒を加えて よくかき混ぜる。

⑤ フライパンに④を加えて 5分くらい加熱する。ひっくり返して出来上がり。

☆生クリームが まろやかさのポイント!

☆イタリアンパセリを入れることで、あっさりと食べられます。

その② Le Cèpe セップ茸のソテー

続いては、シンプル・イズ・ベスト!のソテー。

~材料(2人分)~

・セップ茸 250g ・ニンニク 1かけ 

・イタリアンパセリ 適量

・塩胡椒 適量 

・バター 20g ・オリーブオイル 適量

~手順~

① セップ茸を丁寧に掃除する。適度な大きさに切る。

② 熱したフライパンにオリーブオイルとバター 5gを敷き、ニンニクを入れる。

③ セップ茸を入れて色がつくまで加熱する。

④ 柔らかくした残りのバター 15gに刻んだパセリを入れて混ぜる。

⑤ セップ茸を塩胡椒で味付けし、④を加えてさらに加熱する。

☆バターたっぷり!シンプルだけど、どんどん食が進む 危険な一皿(笑)

その③ La Trompette de la mort クロラッパ茸のリゾット

最後は、大本命!クロラッパ茸のリゾット✨

~材料(3人分)~

・クロラッパ茸 200g ・玉ねぎ 1個 

・バター 10g ・お米 350g

・白ワイン コップ 1杯 

・ブイヨンスープ 1リットル 

・パルメザンチーズ 20g

・塩胡椒 適量

~手順~

① クロラッパ茸を丁寧に掃除する。

② 玉ねぎをみじん切りにし、バターを熱した鍋で炒める。

③ お米を投入して 透明になるまで炒める。白ワインを入れる。

④ ブイヨンスープを加え、リゾットの状態になるまで かき混ぜながら加熱する。

⑤ 塩胡椒で味を整え、最後にクロラッパ茸とパルメザンチーズを加えて軽く加熱して出来上がり!

☆ ブイヨンスープは、水+コンソメキューブで代用可能!

☆ クロラッパ茸のシャキシャキ食感がヤミツキになります(^^)


こんな感じで 「きのこ尽くし」完成!↓↓

リゾットのクロラッパ茸が、写真だとひじきにしか見えない(笑)

味も食感も三者三様。

どれも たまらない美味しさです(*´ω`)

きのこ類は、カロリーも低いし、栄養価も高いので、

罪悪感なくバクバク食べられる。

改めて、旬のものを美味しく食べられる ありがたさを実感しました。

まだまだ 美味しいものは これからの時季たくさん出てくるので、

たくさん食べて、たくさん動かなくては(笑)

◎こっちも よろしく!↓↓

種類豊富!フランスで食べられる りんご食べ比べ 8種🍎

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す