パリ20区紹介~vol.15 18区~

20区紹介も今回で15回目!

気づかぬうちに結構書いてましたね(^^)

今回は パリの最北にある 18区の紹介です✨

多彩な顔をもつ独特な区

ピカソ や ダリ が住んだ「芸術家の街」としても有名な18区。

中心エリアのモンマルトル

かつてはパリから独立した でしたが、1860年に その一部がパリに併合されて 現在の形になったそう。

18区のイメージというと、まず最初に「モンマルトルの観光地」が思い浮かびますが、

歩いてみると、短い距離でも エリアによってかなり雰囲気が変わります。

他の区も場所によって様々な顔がありますが、

ここまで多彩で

「パリなんだけど、パリじゃない」雰囲気を放つ区は あまりない気がします。

では、18区は どんな区なのか、

エリアごとに さらっと紹介していきたいと思います!

サクレ・クール寺院周辺は ザ・観光地

美しい佇まいは、
何度訪れても見惚れます。。

パリ観光では絶対に外せないエリア。

サクレ・クール寺院がそびえる モンマルトルの丘は標高130 m、パリで一番高い丘だそうです。

こちらのエリアに関しては たくさんの情報があるので、もはや ここに書くまでもないのですが、サクレ・クール寺院ジュテームの壁ムーラン・ド・ラ・ギャレットや 絵描きさんが集まるテルトル広場……など、たくさんのランドマークが小さなエリアにギュッと詰まっていて、見どころ満載!

映画「アメリ」の舞台になっていることでも有名ですよね(^^)

Rue Lepic ルピック通りRue des Abbesses アベス通りには、美味しそうな惣菜店やパン屋さん、カフェはもちろん、可愛らしい雑貨店などもあり、賑やかで楽しいエリアです🎶

♥️ジュテームの壁♥️

手芸好きは ぜひ寺院の ふもとにある布の問屋街へ!

サクレ・クール寺院の ふもと、Halle Saint-Pierre 周辺(メトロ 2号線 Anvers駅が最寄駅)は、

布地を売る お店が たくさん集まる問屋街。

色とりどりの布たちが店先に並び、

見ているだけでも 楽しい♪

ありとあらゆる素材・柄の布が リーズナブルに手に入るので、

手芸好きな方は、ぜひチェックして欲しいエリアです(^^)

今年は 手作りマスクに大活躍なのでは?

9区との境は アダルトなエリア

ここも観光エリアに含まれるのか?、ちょうど有名なキャバレー ムーラン・ルージュがあるあたり、メトロ2号線 Blanche 駅 Pigalle 駅 周辺。9区との境目ですね。

ここはパリきってのネオン街アダルトショップも 盛りだくさん(笑)

サクレ・クール寺院 周辺とは雰囲気が まったく違うので、初めての方は ちょっとびっくりする人も多いはず。

昼間は 冷やかしがてら歩くのも面白いですが、

夜に関しては 女性1人で歩くのは危険かも。。

このエリアのシンボル「ムーラン・ルージュ」
やっぱりカッコいい!

西側にある静かな住宅街

丘の上の賑やかな観光エリアから ちょっと西に足を運んだだけで、

そこは閑静な住宅エリア。

素敵な一軒家が集まった “Villa” と呼ばれる区画や、上品なアパルトマンが続きます。

Villa Léandre

モンマルトル墓地やメトロ12号線 Lamarck-Caulaincourt 駅 周辺は、

サクレ・クール寺院周辺と違って、ぐっと観光客も減るので、住宅街の雰囲気を楽しみながら のんびりお散歩をしたい方におすすめです✨

Rue Caulaincourt

東側は 移民が多い。

「ザ・観光地」な モンマルトルの丘より東、メトロ Château Rouge Barbès RochechouartLa Chapelle 駅 あたりはアフリカ系、アラブ系の移民の方が多く住むエリア。

Château Rouge 駅 周辺

ここは、アフリカか!と思うくらいの雰囲気で、アジア系は皆無、フランス人を見つけるのも大変なくらいの地区もあります(笑)

昼間に関しては大丈夫だと思いますが、夜は足を踏み入れない方が賢明ですかね。。


と、一部ではありますが

以上が 18区の紹介でした♪

北の果て(笑)、自宅からは遠く離れてはいますが、

たまに無性に行きたくなる、不思議な魔力を持った区です( ̄ー ̄)

やっぱり「アメリ」の魔法にかかっている女性は
多いはず(^^)

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す