パリで初めて出会う味♪~世界を味わう・ギリシャ料理編~

たくさんの民族が集まる、

国際都市 パリ。

もう 自分の中では すっかり当たり前になっていて

気にすることもありませんが、

本当に 様々な人種で パリは成り立っています。

それは

パリでは色々な文化が混ざりあっているということ。

たまに 疲れることもありますが、

多種多様の人々が交わって生まれるエネルギーが パリにはあり、

私は 好きです(^^)

そして、

多種多様な民族が集まるパリの良いところは

世界各国の本場の料理が味わえるところ!

ヨーロッパ、アジアは もちろん、

中東からアフリカまで、各国の移民が経営しているレストランが パリには たくさん!

食いしん坊の私には、冒険したい料理がありすぎて。。

それだけで幸せです✨

今回は ずーっと気になっていた、ギリシャ料理に挑戦しました!

ご近所の気になる惣菜屋さん

今回 ギリシャ料理を頂いたのは、ダゲール通りの惣菜屋 EPIRE さん。

ギリシャ料理専門で、モンマルトルのふもと、9区にあるマルティル通りにも姉妹店があるみたいです。

ちょっとドキドキしながら店内に入ると、でっかい おじさん二人が カウンターで 切り盛りしてました(^^)

入って 右手には 惣菜のショーケース、左手には 色々な種類のオリーブ(ギリシャの名産!)が入った瓶と ナッツが入った入れ物がずらっと並んでました。

奥には 2人掛けのテーブル席が2つくらい、ちょこんとあり、常連のおじさんが ちょうどランチをしているところでした。


さて、何を食べようか、ショーケースと にらめっこ。

どれも美味しそう、でも よく分からない食べ物ばかりで 悩むー!

お惣菜は 1kg 20~25€くらいのお値段で なかなかお手頃♪

ショーケースの上には ギリシャのお菓子なども置いてありました。

かなりの時間悩んだ結果、

今回は ギリシャ料理の代表格 ムサカギリシャ風サラダ、最後に おじさんに 「ギリシャ料理初めてなんだけど、オススメは?」と聞いて Feuilles de vigne を発注しました。

初体験のお味は?

この日の夕飯は ギリシャ祭り♪

Moussaka ムサカ 23,80€/kg

ギリシャ料理と言えば 真っ先に挙がる料理の一つ。

簡単に言うと、ナスのラザニア。

下から ナス→ミートソース→ホワイトソースの層になっています。

ソースは どちらも濃厚!

不思議なスパイスの香りや甘さもあって、ヤミツキになる味でした。

Salade à la grecque ギリシャ風サラダ 19,90€/kg

オリーブオイルたっぷりのサラダ♪

味付けは シンプルで、塩気は フェタチーズ(ギリシャの代表的なチーズ) と オリーブの実くらい。

なのに なぜか満足感のあるサラダ。

食べるだけで健康になれそうな感じがします(笑)

Feuilles de vigne 21,90€/kg

柏餅みたいな姿の こちら。

名前の通り、葉は 葡萄の葉で、

レンジで 温めると 葉の良い香りがしました。

中には お米が詰まっているらしい…

その見た目とは 裏腹、

予想を遥かに裏切られました…

……めっちゃ 酸っぱい!

ただ ただ 酸っぱい(>_<)

「お菓子」ではなく、「料理」なのですが、

正直 美味しいとは 言えなかったかな。。でも 不味い訳ではなく…

不思議~な料理でした。

でも 身体には 良さそうです(笑)


新たな「食の世界」に触れて

大満足の晩餐でした✨

トータルで 11,16€ とリーズナブルだったのも嬉しい。

まだまだ 試してみたい料理は あるし、お店の おじさんが良い感じの方だったので、また 近々行くと思います(^^)

これからもフランスの「食」のみならず、

色々な国のグルメを開拓して 投稿していきたいと思っておりますので、

どうぞ よろしくお願いします🎶

EPIRE

Adresse: 15 rue Daguerre 75014 Paris

営業時間: 月曜~日曜 9:30-20:00

最寄駅: メトロ4,6号線、RER B 線 Denfert Rochereau 駅

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す