2月2日は クレープの日?クレープ屋激戦区モンパルナスでサクッとランチ

本日2月2日。

フランスでは 何の日かご存知ですか?

今日は Chandeleur シャンドラー (聖燭祭)という、

キリスト教で大事な祝日なんです✨

「主の奉献の祝日」とも呼ばれるこの日は、

聖母マリアとヨセフが、生後40日のイエス・キリストを連れて神殿を訪れ、キリストの誕生を神様に お伝えした日。

これを祝うために、フランスでは 2月2日にクレープを食べる習慣があります。

基本的には、

家庭で焼いて楽しむのが一般的。(フランス人は 大体クレープ焼けますよ~)

ですが、

フランスには たくさん

Crêperie クレープリー(クレープ屋)

があるので、

そこで 楽しむという手もあり!

ということで、

最近行ってきた、クレープ屋激戦区 モンパルナスのクレープリーを紹介したいと思います🎶

モンパルナスのクレープ屋通り

ネットで「montparnasse 」「crêperie 」と検索すると、出てくるのが こちらの通り↓

その名も モンパルナス通り Rue du Montparnasse (そのまんま 笑)

以前に書いた パリ14区の記事でも、さらっと紹介させて頂きました。

こちらの通りには 右も左もクレープリーだらけで、調べた範囲で9軒ものクレープリーが!

お隣の Rue d’Odessa オデッサ通りにも 4軒ほどあり、まさに クレープ屋激戦区です(^^)

可愛らしい 外観のお店がたくさん。

どのお店も メニューが魅力的で、

ここまでクレープリーが色々あると

どこにしようか迷っちゃいますね。。(笑)

必ず紹介されるところには 敢えて行かず…

色々なクレープリーがある モンパルナス通りで、

一番に 紹介されているのが、クレープリー・ド・ジョスラン さん。

有名店ですが、そのまま そこで食べるのは つまらない(←あまのじゃく)

と 思った私は別のお店を選ぶことに。

色々悩みましたが、ジョスランさん と同ポイントの評価だった

こちらで お食事しました↓

La Crêperie Bretonne さん。

クレープの本場、ブルターニュらしい 爽やかな店構え✨

中は こんな感じで↓落ち着く雰囲気でした。。

ブルターニュにまつわる絵がたくさん!

12時半くらいに入店しましたが、30分も しないうちに満席!

みんな わいわい 楽しそう(^^)

こういうアットホームな感じで気軽に食べられるの好きです。。

クレープは

お客さんから見える場所で焼いているので、見ていて楽しいですし、

何より、食べる前に食欲をそそられます!

さて、何を食べようかな…

焼きたて アツアツのガレットと クレープ

たくさんある種類の中から 悩んだ結果チョイスしたのは、こちら↓↓

Œuf, saucisse de campagne 6,50€

まずは おかず系でガレット(甘くない そば粉のクレープ)を。

写真だと見えませんが、輪切りにしたソーセージが中に たくさん。

campagne “田舎風”のソーセージは、肉!って感じがして 食べごたえ抜群!

半熟玉子を崩しながら、

幸せのひとときでした( ̄ー ̄)

Crème de Spéculoos 5,50€

デザートには

スペキュロス・クリームがたっぷり塗ってあるクレープを。(注:クリームはクレープ生地に包まれてます)

シンプルな出で立ちですが、

フランスのクレープは、こういったシンプルなものが主流です。

生地は モチモチ♥️

仕事の後のランチだったので、

疲れた身体に クリームの甘さが 染みました……!


いつか 行きたいと思っていたけど、

なかなか 食べに行くタイミングがなかった、モンパルナスのクレープリー。

chandeleur の日が近いというのが きっかけで、ようやく 食べに行くことができました✨

クレープリーは 普通のレストランと比べて、よりカジュアルで家庭的な雰囲気♪

料理(クレープ)が出てくるのも 早いし、お値段も お手頃なので、

気軽にサクッと行けて良いな~と

良い発見をした日でした(^^)

暇があったら、

また 他のお店にもチャレンジしてみます🎶

お会計の後にもらった
ショップカードと
ブルターニュの名物 塩キャラメル ✨

La Crêperie Bretonne

Adresse: 56 Rue du Montparnasse 75014 Paris

営業時間: 12:00-23:00

定休日:水曜日

HP: https://la-creperie-bretonne.com/

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す