ヨーロッパ写真美術館

お天気がイマイチだった お休みの日。

家にいるのは もったいないけど、あまり雨に濡れたくない。

ショッピングモールに避難するのも良いけど、買うものもないし、もっと身になる時間を過ごしたい。。

ということで 美術館に行くことにする。

今回は こちらの美術館へ行ってきました。

マレ地区にある、ヨーロッパ写真美術館Maison Européenne de la Photographie です。

こちらは 古い邸宅を改装した、企画展型の写真美術館で、観光客にはあまり知られていないのですが、地元の方からの評価が高い美術館です。

最寄駅は メトロ1号線 St-Paul 駅です。

中に入ると、まずは右手に緑の茂るカフェ、左手には なんと「日本のお寺」のような石庭が。

制作された方は 日本人だそう。

なるほど…

中庭を過ぎて エントランスでチケットを買い、展示スペースへと進みます。

ギャラリーは フランス式の1、2階です。

元邸宅を思わせる
素敵な階段

今回の企画展は

HENRY WESSEL 展FILM NOIR 展

美術館のガイド

2つとも 白黒写真です。

HENRY WESSEL 展

Henry Wessel は アメリカ人の写真家で、日常の何気ない風景に興味を持ち、その瞬間を鮮やかに切り取り、作品にしています。

「光」が本髄の彼の写真は、素晴らしく光を鮮やかに捉えていました。

光の「感触」が感じられる、素敵な作品でした✨

「写真を撮ることは
とてもスピリチュアルなこと」
って、すごく分かる!

FILM NOIR 展

HENRY WESSEL 展 と連動する形の展示。

フランスやアメリカ映画の一幕を展示したものです。

やっぱり 白黒映画って雰囲気あるなーってつくづく実感。

こちらも とても良かったです♪


この2つの展示の他にも、いくつか素敵な展示が。

ギャラリーの他には、1階に様々な写真集を揃えた小さなブティック、地下には図書館メディアテックもあります。


元々 写真は好きで、写真集とかは見たりしていましたが、本格的に写真専門の美術館へ行ったのは、今回が初めてだったかも。

写真って、それを通して時間と空間を旅することが出来る、素敵なものだなぁ…と 改めてその魅力を感じることができた日になりました♥️

ヨーロッパ写真美術館

5/7 rue de Fourcy 75004 Paris

開館時間: 水曜・金曜 11:00-20:00, 木曜 11:00-22:00, 土曜・日曜 10:00-20:00

休館日 月曜・火曜

料金: 10€, 年間パス33€

HP: https://www.mep-fr.org/

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す