フランス 冬の野菜たち

2月に入って

フランスもだいぶ 日がのびましたが、

それでも 冬は まだまだ長く。。

日本に 冬が旬の野菜があるように、

フランスにも 冬に美味しい野菜がいろいろ。

日本では まだまだ珍しい野菜も多く、食いしん坊の私は興味津々です(笑)

今日は そんな フランスの冬の野菜を、

5つ 紹介していきたいと思います✨

Poireau ポロネギ、リーキ

まずは 日本の皆さんも知っている方が多いかと思う、ポロネギ!

地中海沿岸原産の野菜です。

栄養価としては、アリシンという成分がビタミンB1の吸収を助けたり、血行促進、疲労回復や消化液の分泌促進などの効果が期待できます。

ポトフ、ポタージュ、マリネなどによく使われますが、

私は 普通に 和食とか中華でも使ってます。

味は火を通すと甘みが増して、日本でいうと下仁田ネギみたいな感じでしょうか?

これを入れると、スープに優しい甘みを加えられます。

Endive チコリー

独特の ほろ苦さがクセになる野菜。

チコリー特有の成分 チコリ酸は根の部分に多く含まれ、消化を促進する働きや肝機能を高める働きなどがあるそう。

食べ方としては、サラダにしたり、シンプルに蒸したものをバターで頂くのも たまらないです♥️

あとは、チコリーの代表料理といえば、

Endives au jambon

蒸したチコリーとハムに、ホワイトソースとチーズをたっぷり乗せた グラタンのことです。

ホワイトソースのおかげで、チコリーの苦味が苦手な人も 食べやすい一品です。

Panais パースニップ

ヨーロッパ原産の野菜。

人参みたいな見た目ですが、

火を通すと芋に近いような食感で、かなりの甘さ!

「砂糖人参」とも呼ばれているそうです。

初めて食べた時は、見た目とのギャップで不思議な感じでした。

食物繊維、カリウム、葉酸、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB1、B2と微量のミネラル(カルシウム、リン、マグネシウムなど)が含まれていて 栄養価が高く、

抗がん作用が高い食材としても期待されているそう!

食べ方は ポタージュやポトフがメインで、

マッシュしてバターを加えると、お菓子にも使えそうなくらいの甘さです。

Céleri-rave 根セロリ、セロリアック

原産地は地中海。

見た目がブサイクなこの野菜(笑)

サイズは 小さいメロンくらいあります。

栄養価的には 特別なものはあまりないそうですが、

香り成分には精神を安定させる効果があるみたいです。

生でも、火を通してもOKで

サラダ、ポタージュ、ポトフや、マッシュして付け合わせなどにも使われてます。

食感は 蕪みたいな感じで、香りはセロリ、味はフェンネルに近いかな?

普通のセロリのような、「キーン」とするクセはなくて、火を通すと 甘みが増した蕪のようで 美味しいです。

あと、きんぴら にしても 美味しいです♪

Topinambour キクイモ

こちらは 北アメリカ原産の野菜。

キクイモ には「天然のインシュリン」といわれる「イヌリン」という成分が豊富に含まれていて、糖尿病やメタボにも良いとされています。また、カリウムも多いです。

芋類ですが、デンプンはあまり含まれていないので低カロリー。

生でも いける お芋で、サラダにもできますし、

フランスでは ポタージュ、ポトフ、ローストなどの食べ方が主流。

生だと シャキシャキしていて ほんのり甘みがあり、

火を通すと ちょっと里芋に似た味と食感がします。(あそこまでぬめっとしてないですが)


以上が、フランスの冬の野菜たちでした✨

まだまだ 未知の食材は 色々あるので、

試したら また記事にしていきたいと思います(^ー^)

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す