フランスは ミモザで春の到来を。。おうちでミモザパーティーしてみた!

2月になり、もうすっかり日がのびて、

先日は一気に気温が上がったパリ。

パリの暦の上では、完全なる「春」は まだお預けですが、

もう「すぐそこ」まで、近づいています。

まだまだ極寒の1月の終わり頃から、

お花屋さんを美しく彩る仲間として加わるのが「ミモザ」。

鮮やかな黄色に可愛らしいポンポン、癒される香り。

ミモザを見ると なんだか心が躍り、

「あー、もうこの季節か。。あともう少しで春が来るな。。」と嬉しくなります。

たくさんの人が、あの明るい黄色に目を奪われ、

ミモザの花束を抱えて街を歩く季節なんですよ(^^)

おうち時間が増え、住まいを より心地の良いものにしようと思う今日この頃。

私も 今年はミモザで お部屋を明るくすることに♪

ついでに本場のミモザ・サラダを作ることも思いつき、

ミモザパーティーを開催することにしました(笑)

サラダの生まれは旧ソビエト連邦!

「ミモザ・サラダ」というと、

はじめ、グリーンサラダにタマゴの黄身が乗ったようなイメージを思い浮かべたのですが、正式?なミモザ・サラダは、ケーキのような層が美しい、ユニークなサラダで、

もともとは旧ソビエト連邦で生まれたものなんですね!(無知なもので、全然知らなかった😏)

ソビエトで新春を祝う料理の代表として、1970年代の初めに生まれ、材料の一つである魚の缶詰が広く流通しだした80年代にポピュラーなメニューになったそう。

見た目が良かったのと、味が気になったので、

「フランス」から少々脱線いたしますが(笑)、簡単に作り方を紹介したいと思います♪

材料を刻む→重ねる工程は、まるでケーキ。

では、まずは材料から。今回のは一例で、サラダに入れる野菜は ルセットによって変わります。

~材料(6人分)~

・魚の缶詰 160g (代表的なのはサーモンもしくはサンマ)

・ジャガイモ 2個 ・人参 3本 

・キュウリ 1本  

・卵 4個 

・マヨネーズ 適量 ・塩胡椒 適量

☆ルセットによっては、チーズを入れたり、玉ねぎを入れたりも♪

~作り方~

①ジャガイモ、ニンジンを茹でる。ゆで卵を作る。

②各材料を細かく刻む。

ゆで卵は 黄身と白身に分けて、それぞれ細かくする。

魚の缶詰は 汁気を切ってフォークなどで細かくほぐす。

お好みで 塩胡椒で下味をつける。

③容器や型に各材料を層になるように重ねていく。各層の間に つなぎ としてマヨネーズを塗る。もしくは各材料を先にマヨネーズで和えておいてもOK。

今回は、人参は お酢を使ってマリネに、じゃがいもは 塩胡椒&マヨネーズで 先に味を付けました(^^)

重ねる順番は 自由。ただし最後が黄身になるように!(「ミモザ」なんでね( ̄ー ̄))

④冷蔵庫で しばらく休ませて、馴染ませたら出来上がり✨

こんな感じで 可愛くできました♪

型は ケーキ型を職場から借りてきた(笑)↓↓

お花を生けて、部屋を一瞬で明るく。

買ってきた ミモザも すぐに飾ります。

こんなに こんもり!↓

包んでくれた紙が、英字新聞風で 良い(^^)

小さい花瓶になんとか飾って。。

悪くないけど、センスが今一つ(笑)

うん、やっぱりミモザ良い!気分が上がる✨

飾れなかった分は、すぐにドライフラワー用に吊るします。

直射日光を避けて、
湿気の少ないところに吊るします。
本当は麻の紐で吊るすのがベストみたい。

で、もう一つの「ミモザ」君と 2ショット写真も収め、

お花を愛でながら のんびり夕食をとりました。。。

お花を飾って、簡単なサラダを作っただけだけど、

こうやって 組み合わせることで、ご機嫌に!(←単純ですね笑)

これを機に、もう少し お花を飾る機会を増やそうと思いましたし、

また 面白いアイディアを見つけて、

日常生活を楽しみたいと思います♪

サラダは お手頃価格で作れるので、オススメです😊

◎楽しいことは、意外と身近にあるかも。↓↓

フランス 冬の美食!ジビエ料理を家で本気で作ってみた。
ラスパイユの ビオ・マルシェで リラックスした日曜日。。 
No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す