フランスの歯医者、初めて行ってきた!~当たり はずれあり??フランスの歯医者さんの様子と日本との違い~

フランスに来て、

婦人科検診を受けたり、血液検査をしたり、

病院で「検診」を受けるのも だいぶ慣れた今日この頃。

(緊張するのは「最初だけ」で、後は どうってことないんですよね)

基本的に健康体なので、病院に お世話になることは小さい頃から稀なのですが、

フランスに来て 「行かないとなぁ…」と思っていて

まだ 行かずにいた 最後の場所が。

それが…

歯医者さん

生まれて この方 虫歯を経験したことがないので、

こちらも まぁ まず お目にかかることがないのですが(笑)、

一応歯の健康状態を見てもらうのは 大切ですし、

歯石取りとかも いい加減やらないと!と思っていたので(お恥ずかしい…!)、

つい先日 初めて フランスの歯医者さんへ行ってきました♪

今回は そのレポートです(^^)

当たりはずれが多い?フランスの歯医者さん

フランスでの お医者さん選びは

「口コミ」が結構大切なポイントとなっていて、

「どこか良い歯医者ないかな~」とフランス人の同僚に尋ねると

「あそこは 処置が悪い」「ここは ぼったくりだ」「歯医者は マジで 慎重に選んだ方が良い」と、あまり良い話を聞きません(笑)

歯医者に限ったことでは ないのですが、

とにかく フランスの色々なことが「人と場合による」ので、

日本のように「一定ラインのクオリティ」というのが保証されておりません🤣

ですから「先人が実際に体験した お話」が重要になってくるのです。

今回 私が行った歯医者さんは、フランス人からの口コミではなく(←おい!笑)

日本人向け掲示板の質問コーナーに載っていた オススメの歯医者さんに行ってみました。

この質問コーナーの活用は、タイムリーに自分に関わる内容でなくても、後々役立つ Q&A が載っていますので、

定期的に閲覧して、参考になる情報はスクショしておくのがお勧めです♪

もちろん身近な人の口コミが一番なのでしょうが、Google 先生のレビューとかを参考にするのも手だと思います。

ちょっと ドキドキ!はたして どんな歯医者さんなのか…

予約日 当日。

時間より少しオーバーして歯医者さんへ。

口コミでは「懇切丁寧」と高評価だったドクターです。

中に入ると 「5分くらい待ってて―」と部屋の奥からドクターの声が。

言われるがまま 待合室で 待つことに。

病院は アパルトマンの一室にあるキャビネで、

古い外観とは違って 非常に綺麗な内装でした。

待合室。
歯の手入れをしているアジア人?の写真が
印象的でした。

すると すぐに ドクターが。

50代くらいの 感じの良いムッシュでした(^^)

ちなみに フランスの歯医者さんは 場所にもよると思いますが、

基本的に歯科助手は いないところが多いのかな?

他の科にあるような、一人でやられているところでした。

「ここの来院は はじめて?」

「はい、というか フランスに来て歯医者自体が はじめてでして…

今日は 虫歯(carie 女)がないかのチェックと、歯石取り(détartrage 男)をお願いしたくて来ました」

その後、現在の口内の状況を確認(痛い所がないか)、投薬の確認、既往症歴(糖尿病、心疾患など)の確認をして、診察を始めます。

「歯医者は何年行ってない?」と聞かれ、

「フランスに来てからなので4年くらいです」と答えると、

まぁまぁ びっくりしていました😅

診察台や 機材などは 日本のそれとあまり変わらず、清潔。

部屋自体も広々としていて、安心して?診察を受けられる環境でした。

「はい、口を開けてねー」と言われ、虫歯チェック開始。

「はい、虫歯はないね!Très bien !」とチェックを終え、

続いて 歯石取りへ。

「大丈夫?怖くない?痛くしないからね」と

まるで 子供に言うような感じで 気を遣って下さりましたが、

先生 結構ガンガン行くやん!(笑)

もともと私は唾液の分泌が多めというのもあって(日本の先生が言ってた)、

結構 構わず色々と飛び散ってました。。(不快に思われたら すみません。。)

こういうところは さすがフランスかな。。

でも 乱暴とか、痛いって訳ではありませんでした。

手慣れた感じで あっという間に歯石取りが終わり、

口を漱いだ後に ミント味の歯磨き粉?で先生がブラッシングしてくれて

施術完了。

「虫歯もないし、問題ないね(^^)まだ生え途中の親知らずが時々痛いかもしれないけど、生えてくるスペースは ちゃんとあるから、お手入れ気を付けてね!」とアドバイスをもらい、

何もなければ また1年後ということで診察を終了しました。

支払いに関しては、先に全額支払いで 後日 SECUから返金されます。

ちなみに 現時点では、歯石取りは 国が定めた基本料金は 28,92 €、

détartrage complet の場合 43,38 €で、そのうち7割をSECUが持ってくれるそうです。

通常の歯石取りは 年に2回まで返金されます。

参考HP→https://www.vertuo-sante.com/nos-traitements/soins-dentaires/detartrage/#:~:text=Au%201er%20Janvier%202020%2C%20le,charge%20par%20la%20sécurité%20sociale.


ちょっぴりドキドキの初・歯医者さんでしたが、

先生は 明るく優しく、サクサクと手際よく診察をしてくれて、

15、20分くらいで あっという間に終わりました。

日本と違って、上下の歯すべて一度に処置してくれたし、

なにより スッキリしたのが一番良かった☺

良い先生に出会えたので、

これからは きちんと定期検診を受けます♪

◎結構 需要ある、医療系記事↓↓

フランスで、子宮頸がん検診を受けてきた。【女性にとって大切なこと。5年に一度の無料検診】
フランスで、血液検査と尿検査をやってみた。【セルフ健康診断!検査の流れを簡単解説】
フランスで膀胱炎になった話。~夏にフランスで病気には なれない~

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。