パリ20区紹介~vol.12 17区~

今回は、17区の紹介!

17区といえば……

16区に引き続き、私にとっては未知のゾーン(笑)

基本的には 「住む」ための地区で、その為 注目すべきモニュメントは少なめ。

正直 記事に書けることも少なめなので、ご了承下さい(笑)(17区在住の方すみません(><))

東と西で雰囲気の異なる17区

横に長い17区は 東側と西側で、かなり雰囲気が異なります。(私も歩いていて 面白かった)

東側は 18区と隣接するので、移民の方も かなり多く、雑多な雰囲気、

16区や8区に接する西側はちょっとリッチな雰囲気の住宅街が続いていて、落ち着いた雰囲気です。

東のバティニョール地区はカジュアルな地区

18区側にある、メトロ Place de Clichy 駅からVilliers駅くらいまでの区間が Batignolles バティニョールと呼ばれる地区で、その昔はモンマルトルのように「村」と呼ばれていたそう。

下町感のある雰囲気は 14区民の私としては 親しみやすい(笑)

Place de Clichy

Place de Clichy 周辺は 量販店とか カフェやバーが集まっていて 活気のある雰囲気。

地区の奥に進むと住宅街が広がり、細い路地に 個人商店やオシャレなカフェが点在する感じ。

Rue des Dames ダム通り は
オシャレなカフェやバー、アトリエなどがある
ひっそりした通り

この地区には Square des BatignollesParc de Clichy-Batignolles などの公園もあり、市民の憩いの場になっています

Square des Batignolles
小さい川も流れてますよ♪
Parc de Clichy-Batignolles
寒桜がもうすぐ満開です✨

この公園辺りから 郊外にかけては、住宅も近代的なマンションとかが目立っていました。

住むには断然こちらの方が便利!

バティニョール地区での 商店街といえば、Rue de Lévis レヴィ通り

とっても活気のある通りで、

南側に食材などの商店が集まり、北に行くほど静かになり、アパレル系のお店が並びます。

その他に 住民の日々のお買い物エリアとして、屋内常設市場の Marché des Batignolles ↓ や、

バティニョール大通りで 毎週土曜に開催される ビオ・マルシェなどがありました。

美味しそうなものが たくさん!

西側の雰囲気は?

西側は さらに静かな住宅街が広がり、特筆することが…あまり ない(笑)

雰囲気としては、バティニョール地区より 上品さがあるかな?

注目すべきモニュメントとしては、19 世紀の肖像画を収蔵した ジャン=ジャック・エンネル美術館 があります。

あと、お散歩に良さそうなエリアが、Promenade Pereire!↓

この時季は まだ寂しい感じですが、春や初夏には たくさんのお花に彩られる素敵な散歩道です✨


西側の商店街としては、Ternes広場近くの屋内常設市場や、Rue Poncelet ポンスレ通り ↓が台所!

ポンスレ通り

吉祥寺にも出店しているブーランジェリー LIBERTÉ リベルテがあったり、なかなか注目度の高い通りです(^^)


と、こんな感じの17区紹介でした♪

観光地化されてない、全体的にゆったりした地域なので、

住むには良いのかなという印象を受けました。

路地裏には 素敵なお店も隠れてそうなので、また 暖かくなったら探検してみたいです(^^)

Ternes広場には
お花屋さんが集まっています♥️
No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す