パリ 11区 VG Pâtisserie 興味津々!フランスで先駆けとなったヴィーガンパティスリーに行ってみた!

食いしん坊の国、フランス。

昨今では BIO(有機)食品やヴィーガンの流れも さらに加速していると実感しつつあり、「美食」だけにとどまらず「健康」や「環境」に意識を向ける人も多いです。

同僚とかの買い物を チラッと職場で見かけることがあるのですが、

「あら、結構みんなBIO商品買うのね」と思うことが しばしばありますし、

パリ市では 週一くらいで学校給食にヴィーガン食が導入される予定だそうです。

私は BIO商品以外のものも たまに買いますし、

野菜多めの食生活ではありますが、ヴィーガンではありません。

しかしながら、ヴィーガン食には 「作る側」として非常に興味があり、

こと、パティスリー・ブーランジェリーにおいては

動物性の食物を使わないで、いかに 既存のレパートリーを作るのか?

ということは なかなか難易度が高いものだと思っておりまして。。

ということで、本日 訪れたパティスリーが こちら↓↓

パリ 11区、ヴォルテール通りにある VG Pâtisserie さんです✨✨

フランスで初めて できたヴィーガン専門のパティスリー

11区の主要通り、ヴォルテール通り沿いにある VG Pâtisserie さんは

Bérénice Leconte という女性が2016年に創業したヴィーガンのパティスリー。

ヴィーガンとは 完全菜食主義のことで、

動物性食品を一切採らない食生活のことです。

つまりは パティスリー・ブーランジェリーで 要である食材の

卵・乳製品・ゼラチンは不使用であることは 当然のこと、

はちみつなども 使用していないとのこと。

なおかつ、BIOの原材料を使用しており、材料全体の95% がBIOの原材料だそうです。

また ヴィーガンは 「地球環境を配慮する」という理念の上に行動されている方が多いので(一概に 全ての方に当てはまるとは言えませんが)、

廃棄物を減らす運動にも積極的に取り組んでおり、

包装を減らしたり、テイクアウトの際は タッパーや タンブラーの持参も大歓迎だそうです(^^)

通常のパティスリーでは 考えられないヴィーガンの商品、

これは出会いが楽しみです♪

併設カフェで ティータイムも!小さいながらも 素敵な店内。

続きましては 店内の様子を。

お店は こじんまりとした感じですが、

カフェも併設されており、店内とテラスに数席テーブル席があります。

手前にヴィエノワズリーと焼き菓子↓↓

中央にガトーのショーケースと。。↓↓

その上に どっしりとしたパウンドケーキ!↓↓

少しだけ 惣菜系も置いてあり、この日はピザがありました。

商品カードには グルテンフリーか否かも書いてあり、そちらも お買い物の参考になると思います(^^)

店員さんは 笑顔が素敵で、私が ぐずぐず迷っている最中も気長に待って下さりました(笑)

満足度高し!ハイレベルなヴィーガン商品。

ではでは、本日のラインナップを。

Croissant  1,15€

ヴィーガンとは まったく思えないほどの お姿に関心!

もちろん バターは不使用。(植物性マーガリンを使っているみたいです)

ふんわりタイプのクロワッサンで、

層のパリパリ感はなく、デニッシュみたいな食感ですが、

これはこれで良い(^^)

生地は 甘みが強めで、おやつっぽい印象。

バターの香りは ありませんが、小麦の風味は きちんと感じられるクロワッサンでした✨

Madeleine  0,85€

続いては「卵を使わずに、いったいどうやって作るんだ?」と、

疑問でしかなかったマドレーヌを。

卵を使っていないからなのか、ちょっと 脆い生地。

そのため、卵の入った生地独特のパサパサ感や、弾力はありません。

先のクロワッサンも そうなのですが、

しばらく咀嚼すると 粒子と粒子、繊維と繊維?が 早く唾液と馴染んで

ペーストのようになるような…

これは実際に召し上がっていただいて実感して欲しいです。

一般的なマドレーヌの生地とは とても微妙な差異なのですが、嫌味がない食感です。

味は、程よい甘みが good ! ほんのり香るレモンフレーバーが良い感じです♪

Cookie chocolat cacahuète  2€

ピーナッツとチョコチップが ごろごろ入った、食べ応えのあるクッキー。

アーモンドやヘーゼルナッツではなく、

「ピーナッツ」ってところが良い(^^)

生地は しっとりめで これまた脆い感じですが、

カントリーマアムみたいで好きです❤

甘さは しっかりしていて、大きさも 7、8㎝くらいあるので、

デザート感覚で味わえる満足度の高いクッキーです。

Macaron 100% cacahuète  5,50€

パリのパティスリーでは あまり お目にかかれない、

ピーナッツクリームのマカロン!

卵白を使わないマカロン生地は、フツーに「普通のマカロン」(笑)

中に、ピーナッツクリームとホイップクリームがサンドされています。

キャラメリゼしたピーナッツが ところどころに あしらわれているのがアクセント🎵

マカロンは しっかりと甘く、

中のピーナッツクリームは どちらかというと

「落花生のペースト(和風)」と表現した方が味が伝わりやすく、

甘さ控えめの ねっとりとしたペーストは、

ピーナッツの風味に重きを置いた感じが好印象。

全体としては 甘さのバランスが取れていて、かつ食感のバリエーションがあり

とてもクオリティの高いガトーでした✨✨


初めて しっかりと味わったヴィーガンのパティスリーでしたが、

食感や味の違いを発見出来て とても面白かったです。

普段から 一般的な商品(卵、乳製品類が入ったもの)をよく食べていないと 分からない程の差なのですが、

分かる人には 「やっぱり違う」と感じられます。

ただ、ここまで 一般的なものに近づけているのは非常に見事ですし、

違いは違いで、「個性」として楽しめました(*´ω`)

興味がある方は ぜひチャレンジを!

VG Pâtisserie

Adresse : 123 Boulevard Voltaire 75011 Paris

最寄駅 : メトロ 9 番線 Voltaire 駅

営業時間 : 火曜 13:00-19:00、水曜〜土曜 9:00-19:00、日曜 9:00-17:00

定休日 : 月曜日

HP : https://www.vgpatisserie.fr/

You Tubeチャンネルは ルセットの謎が解けて面白かったです!!

書籍も出ているので参考に!

◎ここでも ヴィーガンメニューにチャレンジしていました♬↓↓

パリ Cupkie で 生のクッキー?!を食べてみた!
【パリ】BIOショコラトリー Rrraw Cacao Factoryのホットチョコレートの味に驚く。
No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。