パリ 美味しいフレンチトーストを求めて à la cherche du pain perdu ~Pom’ Cannelle の もちもちフレンチトースト~

Pain perdu

フランス語で直訳すると「失われたパン」を意味する パン・ペルデュは

日が経って パサついたり硬くなったりしたパンを

もう一度 美味しいものに生まれ変わらせた魔法の料理。

「フレンチ・トースト」と言い換えると、みなさん馴染があるかもしれません(^^)

甘いもの好きが多いフランスでは、 パン・ペルデュ はデザートとして食べられることが多く、

レストラン、カフェ、パン屋、パティスリーなど、「ここの パン・ペルデュ が美味しい!」という お店がパリには たくさん。

パン屋・パティスリー巡りの一環として、

フランスの偉大なる小説家の小説のタイトルとも掛けて(分かる人は すぐに分かるはず)、

いつか記事にしたいなぁと思ったネタでした(*´ω`)

今回は 観光客も多く集まるサン・ルイ島のレストランへ

美味しいフレンチトーストを求めて…

サン・ルイ島のレトロな雰囲気のレストラン、Pom’ Cannelle

休日の静かな日に訪れたのが、サン・ルイ島にあるレストラン Pom’ Cannelle さん。

すぐそばには、アイスクリームの名店 Bertillon ベルティヨンがあり、こちらのレストランでも その味が楽しめます。

緑のファサードと、店先に描かれた 食べ物のイラストが可愛らしい。

店内も「昔ながらのブラッスリー」って感じの雰囲気で落ち着きます。

なんか絵になる。

壁には こちらで食べることの出来る、ベルティヨンのアイスクリームの表が。↓↓

レストランで すぐに決められないタイプ。

で、「早速 パン・ペルデュを!」と注文しても良かったのですが、

「せっかく久々にレストランで食事をするのだから」

と、ここで ひとまずガレットを発注!

バランス良く食べたかったので、ラタトゥイユ&ツナで。

味は…普通に美味しかった(笑)

ガレットは ささっと出来るから良いですよね。。

あまーくとろける、もちもちのパン・ペルデュ。

ガレットで8割方、お腹が満たされてしまったのですが(笑)、

本題なくして お店を出られないので、

いよいよ 個人的メインの パン・ペルデュを注文。

こちらのお店は、ブリオッシュを使った パン・ペルデュ で、

キャラメルソースと、好きなアイスを先程の表から選んでトッピングしてもらいます。

ほどなくして、目の前に置かれた一皿が こちら。

キャラメルソースの海がすごい。。

お皿と共にスプーンのみが置かれて、

「これだけで食べられるのかな?」と一瞬思ったのですが、

まったく心配無用でした。

アパレイユがしっかりと浸ったパンは、もちもち、ふわふわと柔らかく、

スプーンで難なくすくえます。

パン自体の味は、甘すぎず、優しい味。

キャラメルソースが ふんだんにかけられているので、

後半は ちょっと その甘さにやられましたが(笑)、

「残り物の加工品」ではなく、

「しっかりとしたデザート」でした✨

プラリネ・アマレットのアイスクリームとも相性抜群で、

お腹も心も満たされる一皿でした(*´ω`)


今回お伺いした お店は、クラシックなタイプの パン・ペルデュ でしたが、

パリには バラエティに富んだパン・ペルデュの美味しい お店が色々とあるそうなので、

定期的に 開拓して紹介出来たらなーと思っております♪

Pom’ Cannelle

Adresse : 27 Rue des Deux Ponts 75004 Paris

営業時間 : 月曜~日曜 12:00-23:00

FBページ : https://m.facebook.com/pages/category/French-Restaurant/PomCannelle-150421128374330/?locale2=fr_FR

◎こちらも どーぞ!↓↓

パリ ベルティヨンの Chocolat Chaud ショコラ・ショー セット が豪華すぎる…アイスクリームの名店は ホットチョコレートも すごかった。
2月2日は クレープの日?クレープ屋激戦区モンパルナスでサクッとランチ

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す