オクシタニー旅行1日目〜トゥールーズ〜

はい、待ちに待ったバカンスが始まりました⤴️⤴️

うちの店は3週間の夏期休業。

子供の夏休み並みです(笑)

これぞ フランス暮らしの醍醐味。

今年の夏はオクシタニー圏(南西)に1週間旅行することにしました♪

旅行初日は オクシタニーの中心都市、トゥールーズです。

トゥールーズって?

オクシタニー圏の中心都市で、赤レンガを使った建物が数多くあることから、「薔薇色の街」と呼ばれています。街にはガロンヌ川が流れ、観光都市ですが 緑もあって 落ち着いた雰囲気。

航空産業で有名でもあり、エアバス社の本拠地があったり、スポーツではラグビーが盛んです。

また トゥールーズの名産品といえば「すみれ」で、すみれを使った 様々なコスメやお菓子を手に入れることができます。

トゥールーズ到着!

パリからは モンパルナス発のTGVに乗って 5時間、ようやくトゥールーズに到着しました!

立派な駅です

モンパルナス駅の乗り場が、他の列車の乗り場とは離れた場所だったので、発車10分前乗車でギリギリセーフ(汗)

乗り場が「Halle2」 の時は要注意です(Halle1のVoie24から歩く歩道があるので、それで移動します)

しかし5時間は長い。。

とりあえずホテルにチェックインして荷物を置き、観光案内所へ。

案内所は 街の中心、キャピトル広場の裏手にあります。

観光案内所
営業時間

観光案内所で貰える地図は 詳しくて、オススメのお散歩コースとかも載っていたりするので、旅行に行くと案内所は必ず立ち寄ります。他にも 参考になりそうなパンフレットを貰い、案内所を後に。

ついでに キャピトル広場にも出てみる。

だだっ広い広場に 赤レンガの市庁舎!

トゥールーズに来た実感が湧きます…

本格的な観光は 翌日にする予定でしたが、まだ 時間がたっぷりあったので、地図は 仕舞ったまま、ふらふら散歩。

「薔薇色の街」の由縁、レンガ造りの建物がたくさんあり、夏の暑さと相まって いい味が出てます。。

昔 この地域で使われていた言語は、フランス語とは違う「オック語」というもので、街の道路の表示は、今でも フランス語とオック語が併記されています。

上がフランス語、下がオック語。

あとは、ガロンヌ川沿いを歩いたり、

やっぱり水辺が好き♥️

行きたかったこちらの修道院へも!

Couvent des Jacobins ジャコバン修道院

ジャコバン修道院は、13世紀にドミニコ会初の修道院として建てられた、中世ゴシック様式の修道院。

教会は、かなり高い天井と美しいステンドグラスで圧倒されます。

また、院内にある La chapelle Saint-Antonin の壁画は とても繊細で素敵✨

そして こちらの修道院は、緑の美しい回廊があることでも有名。

午後の まったりした空気と共に癒されました。

ジャコバン修道院

時間: 火曜~日曜 10:00-18:00

料金:ハイシーズン(6/1-9/30) 5€

オフシーズン(10/1-5/31) 4€

※今回は なぜか「無料」でした。


ちょっぴり観光した後は、一旦ホテルに戻って、休憩&明日の作戦会議。

夕飯は、こちらを食べました↓

名物のトゥールーズソーセージとアリゴ。

アリゴは マッシュポテトにチーズが入った食べ物。じゃがいものホクホク感とチーズの弾力、モチモチ感が味わえます。アリゴは250gを頼みましたが、結構 ボリュームあった(>_<)

ワインは 店員さんオススメのガイヤックワイン。太っちょのお兄さん、大汗かきながら 一人で一生懸命サーブしてました。すごく丁寧で、良い人だったな。。


アツアツの料理とワインで、私も 汗だくになったので、夕涼みにガロンヌ川沿いへ。

日没を最後まで見たのは、
久しぶりでした…✨

景色の美しさにうっとりしたあとは、夜のキャピトル広場を写真におさめて ホテルへ。

文句なしに綺麗でした♥️

2日目へ続く。

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す