はじめて食べた時の感動! フランスの おすすめシャルキュトリー♥️4選

美味しいものが たくさん溢れ、食いしん坊には天国の国 フランス。

本場のバゲットやチーズ、ワインなどを初めて味わった時の美味しさは

どれも衝撃的でした。。

そんな数ある食べ物の中で、

「フランス最高~!」と思ったのが、

フランスのシャルキュトリー(肉の加工品)。

バラエティに富み、味は文句なしに美味しい。

日本だと お値段が高くなりがちですが、こちらだとレベルの高い商品が比較的リーズナブルに味わえるのが嬉しいところ。

今回は、フランスで初めて食べて感動したシャルキュトリーや 個人的お気に入りを4つ紹介したいと思います♪

その① Pâté de campagne パテ・ド・カンパーニュ

まずは鉄板と言いますか、これなしには始まらないシャルキュトリーですね(^^)

日本語訳すると「田舎風パテ」と呼ばれる こちらのシャルキュトリーは、豚のミンチをメインに レバーペーストや香辛料、ハーブなどを混ぜ込み、型に入れて焼き固めたもの。

日本でも フレンチレストランやビストロ、ちょっと お洒落なシャルキュトリー専門店とかで味わえますが、気軽に味わえるものではないです。(ワーホリが終わって日本にいた時は どれほど恋しかったことか笑)

お肉の「おいしいところ」をギュッと詰め込んだその味は、一口頬張るだけで私たちを幸せにしてくれます✨

その② Pâté de sanglier パテ・ド・サングリエ

こちらは猪肉のパテ。写真のように瓶詰めなどで普通にスーパーで売られています。

ちょっと野性味のある味で、「肉を食べてる感」が味わえて好きです。

食べ方としては、バゲットなどに塗って食べる感じ。パンと合わせることで、お互いの良さが より引き立ちます😌

その③ Andouillette アンドゥイエット

続きましては、個性派シャルキュトリーのご紹介。

アンドゥイエットは 豚肉の臓物のソーセージで、臓物を細かく切ってブイヨンで煮込み、香辛料で味付けしたものを腸詰めにしたものです。

有名なのは、パリから南東にある街 Troyesトロワのアンドゥイエット。

断面は こんな感じです。

見た目はちょっとグロテスクで臭みもありますが、ホルモン好きなら たまらない味。

調理方法は、グリルが一般的で、茹でたりすることもあります。

ちょっとクセがある&全部をそのまま食べようとすると ちょっと もたれるので、

おすすめは粒マスタードバルサミコ酢で味変すること! 

バルサミコ酢に関しては、職場の同僚がそうやって食べている時に勧められて、一口食べたら 美味しいこと!美味しいこと!

好き嫌いが分かれるかもしれませんが、機会があったら ぜひチャレンジして欲しい一品です。

その④ Boudin Blanc ブーダン・ブラン

Boudin Blanc は、白い肉(豚肉と鶏肉)にパン、牛乳、脂肪などを混ぜて腸詰めにしたもので、

豚の血が入った Boudin Noir (黒いソーセージ)とは全く異なる味のものです。

イベントなど特別な機会に食卓に上がることが多く、クリスマスなどのメニューには欠かせない存在だとか。

Boudin Noir に関しては、もともと魚の血合いも好きでない私としては、繰り返し食べたいと思えるものではなかったのですが、

Boudin Blanc は普通に美味しい。

味を表現すると、

「クリーミーな味でふわふわした お肉のツミレ」(←食べてみれば納得するはず笑)。

ソーセージとはまた 別もので、日本では味わえない不思議な食べ物なので、

こちらもぜひチャレンジしてみて欲しいです(^^)


今回は 私が日常で よく好んで食べるシャルキュトリーを紹介させて頂きましたが、

「肉食の国フランス」には

まだまだ美味しいヤツらが たくさん!

これからも色々開拓しつつ、オススメを紹介していきたいです(^ー^)

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す