おうちで 本格的?に、鴨肉料理に挑戦してみた!~マグレ・ド・カナール~

私がフランス料理で大好きなものの1つ、鴨肉料理

鴨のコンフィも、マグレ・ド・カナール も、

初めて食べた時の あの衝撃的な美味しさと言ったら…!

それからというもの、レストランに行く時は、

毎度 毎度「Canard 鴨」のメニューばかりに目がいってしまうほどで(笑)

今回は そんな大好物を、「自分へのご褒美」として、おうちで調理してみました🎶

マグレ・ド・カナールって?

まずは マグレ・ド・カナールとはどういうものなのか、さらっと解説!

Magret de Canard マグレ・ド・カナール とは、フォアグラを取るために育てられた鴨の胸肉(ヒレ)のことで、肥育をしている為に 脂肪の割合が多く、バランスの良い肉身なのが特徴。

飼育期間も通常のものより長い為、個体は大きく、身もしっかりしています。

フォアグラを取るために育てられた鴨肉は、長い間「鴨のコンフィ」の為だけに調理されてきましたが、

60年代の始めに あるシェフの考案によって、現在 親しまれている「ヒレ肉のソテー」が広められたのだそうです。

お肉の焼き方。

では さっそく調理してみましょう(^^)

お肉の焼き方は いたって簡単!

3ステップで説明していきたいと思います。

①お肉の下処理

まずは 余分な脂身、すじ などを包丁で切り落とします↓↓

次にお肉を脂身の面へと裏返し、包丁で格子状に切り込みを入れます。以上で下処理 完了!

②お肉を焼く

あつあつにしたフライパンで、皮目(脂身)から焼いていきます。

皮目 5分、裏返して3分とレシピにはありましたが、もう少し焼いた方が良いかも。

これは コンロの火力や、焼き加減の好みによります。

③焼き終えたら アルミホイルに包んで保温

こうすることで 余熱で じっくり火が通るので、お肉が柔らかく仕上がるそうです。

☆ポイント☆残った油は捨てないで!

さすが フォアグラのために育てられた お肉、焼くと かなりの油が出ます!

でも 焼き終わったら 洗い物へと直行するのではなく、そのまま ソテーにかけるソース作りや、付け合わせの野菜やポテトを炒めるのに活用して下さい。

コクがある鴨の油で ソテーしたポテトは、絶品ですよ✨( ̄ー ̄)

ソースで すべてが決まる…!

マグレ・ド・カナール と言えば、肝心なのがソース!

「美味しいソースのレシピを…」と、フランスのお料理サイトを色々と調べてみると、

それはもう、たくさんのレシピが!

今回は、斬新かつ まったく異なる2種類のソースを作ってみました♪

オランジーナ・ソース

~材料~

・オランジーナ 150ml

・バルサミコ酢 大1

・オレンジ 適量

・塩、胡椒 適量

あのフランスの国民的炭酸(笑)、オランジーナを使ったソース!

鴨の油を少量残したフライパンに、オランジーナとバルサミコ酢を入れて 1/3くらいの量になるまで煮詰め、塩・胡椒で味を整えたら完成!

甘じょっぱい 爽やかなソースで、パンチのある鴨肉も あっさりと食べられます🎶

ロックフォール・スペキュロス ソース

~材料~

・エシャロット 1個

・生クリーム 15g

・ロックフォールチーズ 50g

・スペキュロス・ビスケット 1枚

ブルーチーズの代表、ロックフォールに 甘いスペキュロス・ビスケットがアクセントの、これまた斬新なソース!

鴨の油で 刻んだエシャロットを炒め、そこに生クリームを投入。

続いてチーズを投入して溶かしたら、砕いたスペキュロスを まぶして完成です♪

先ほどの オランジーナ・ソースとは対照的な、こってり系。鴨→こってり × ソース→こってり なので、男性向きですかね。

ごはん・パンがススム 味!


どちらも 最高の一品でした✨

久しぶりに ちゃんとした「肉」を摂取した(笑)

自分で 好物を料理して、しかも それが予想を超えて美味しかったりすると、

おうちビストロも なかなか良いな…✨と改めて思ったり。

そこまで 難しい料理では ないので、

機会がある方は ぜひ気軽に楽しんでみて下さい♪

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す