【フランス旅行記】ノルマンディー小旅行~1日目 紫陽花の楽園 Jardin Shamrock & ちょっぴり Dieppe ディエップ~

7月に入り、フランスの学校は夏休みを迎え、

みなさん 徐々にバカンスモードへ。

パリを離れる人も少しずつ増えて、

街が静かになっていく時季です。(←結構好き)

私のバカンスは 8月で、あと約1ヶ月の辛抱なのですが(笑)、

ちょっと息抜きしたい&本格的にバカンス客が増える前に行きたいところがあったので、

つい先日2泊3日の小旅行をしてきました✨

目的地は ノルマンディー地方

パリより北、ブルターニュ地方とは お隣さんの地方です。

ここに 世界最大規模紫陽花の庭園があることを知り。。

今回は、その庭園と、主要駅のある近郊の街 Dieppeディエップを楽しむ旅行です。

それでは、行ってみましょう♪

まずは 駅のある港町、Dieppe ディエップへ。

今回の魅惑の庭園は、

ノルマンディー地方の Varengeville-sur-Mer という村にあります。

村には電車が通っていないので、近くの街 ディエップまで電車で行きます。

パリのサン・ラザール駅からルーアン経由で約2時間半から3時間です。

11:00頃 到着!

紫陽花庭園には午後の開園時間に訪問するので、とりあえず ディエップを時間の許す限り散策することに。

殺風景な道路沿いを行きます。

すぐに 入江が見え、潮の匂いとカモメの鳴き声が。

やっぱ港町好きだわぁ…

観光案内所で とりあえず街の地図を。↓↓

時間的に行けそうなので、ちょっと街歩き&海岸まで。

絵になるー!

ディエップは、美味しい魚介類でも有名。

ホタテはフランス一の出荷量!

今回の旅の もう一つ目的は、魚介を食べることでもあります。

可愛い…

海岸来た。

やっぱり潮騒は 癒される。。

地平線を眺めながら、持参した簡単な昼食をとります。

ささやかな旅の お土産を拾う↓↓

緑のビーチグラスは ここではレアでした。

再び駅へと戻りながら、ざっと街の様子も↓↓

お城。
高台から ディエップの美しい海岸線が臨めます。

中心街は、見るのに1時間も かからないような、コンパクトな造り。

住宅街の建物は、茶色いレンガ造りの建物が多い街でした。

PM。AutoCar(長距離バス)で庭園へ。

さて、ディエップの駅まで戻り、AutoCar(長距離バス)を使って 今日のメイン目的地へ!

バス乗り場は 駅を出てすぐ左の広いスペースです。

NOMAD CARS というバスの、61番で、Le Quesnot という停留所まで。

料金は現金払いで 1,30€ でした。

今回行った際には、ここが最寄りの停留所でしたが、

バカンスシーズンには もっと庭園に近い停留所が開かれ、バスの本数も増えるみたい。

これがバカンスシーズンの「難」ということが分かりました(笑)

バスに揺られること約20分。。

道中は美しい自然。途中、牡蠣の直売所も発見!

なんか山の中で降ろされる(笑)

少ない電波でヒヤヒヤしながら、ケータイの地図を片手に15分歩く。

お、看板!

長閑。本当に庭園があるのか…な?

と、その前に

この村のもう一つのランドマーク?である、Manoir d’Ango を話のタネに訪問。

Manoir d’Ango は、ディエップの お金持ち、Jehan Ango さんが

1530年から1544年にかけて建てた お屋敷。

イタリアのルネサンス建築からインスパイアされた建物は、ノルマンディー地方で唯一なんだとか。

平日の午後、林と麦畑しかないような こちらの界隈(ほぼ何もない)を

歩いている人は まずいないので、独占状態で お屋敷を楽しみました。

チケット売り場の おばちゃんは、ノーマスクで愛想良く お屋敷の説明をしてくれました😂

まぁ、流れている時間とか、

ここは 某ウイルスがいる世界とは別の世界のような気がする( ̄ー ̄)

Manoir d’Ango

Adresse : Route de la Cayenne 76119 Varengeville-sur-Mer

営業時間 : 10:00-12:30、14:00-18:00

料金 : 5,50€

HP : https://manoirdango.com/#summary

日本とも ゆかりのある、紫陽花の庭園 Jardin Shamrock

はい、それでは最後のオオトリ、

旅のメインの庭園へ!

前置きが長くて すみません(;^ω^)

Manoir d’Ango から ちょっと歩くと見えてきます。

入口で入園料を支払い、庭園の方の説明を聞いて中に入ります。

紫陽花についての解説コーナー。

園内は こんな感じ↓↓ 産地や品種ごとなど、さまざまな紫陽花が植えられています。

今年は開花状況が遅れ気味だそうで、

訪問した日は まだまだシーズンの「始まり」だったみたいですが、

そこには

美しい色が溶け合う、

素敵な「小宇宙」が広がっていました。。

美しい…

他の花にはない、独特の「色」は、

「情緒」とか、「神秘的」という言葉が似合います。

アップの写真も たくさん撮りました♪↓↓

青い紫陽花が一番好きだけど、白やピンクも、それぞれの良さがありますよね(^^)

1997年創業の こちらの庭園には、約1500種の紫陽花が植えられていて、その規模は世界最大級。

紫陽花は 日本原産の花で、

庭園の方は

紫陽花の株の仕入れのために 5回ほど日本を訪れているそうです。

花の開花状況を確認するために電話をした際に

「日本人の方ですか?」と日本語で質問されたのですが(私の仏語レベルがバレる笑)、

その方とも お会い出来て良かったです😊


初めて庭園の存在を知った日から、ずっと夢見ていた訪問。

今回 それが叶い、

とても素晴らしい ひと時を過ごすことが出来ました。

ちょっと辺鄙なところにありますが、

周辺にはシードルなどの直売所や、Michel Ciry美術館などもあるので、

興味がある方は ぜひ!

2日目に つづく。

Jardin Shamrock

Adresse : Route de la Cayenne 76119 Varengeville-sur-Mer

開園時間 2021 : 9/15まで 10:00-12:00、14:30-18:00 (火曜のみ 14:00-18:00)

9/16~9/30 毎日 14:30-17:00

料金 : 9€ (カード支払い不可)

Tel : 02 35 85 14 64

庭園 HP : http://hortensias-hydrangea.com/

地域の観光案内HP : https://www.seine-maritime-tourisme.com/diffusio/fr/je-choisis/une-visite/parcs-jardins/varengeville-sur-mer/jardin-shamrock_TFOPCUNORM00FS000BE.php

◎お花を楽しみたい方に。↓↓

【フランス旅行記】パリから日帰り〜ジヴェルニーのモネの家〜
【フランス旅行記】パリから日帰り〜プロヴァン〜
No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す