【パリ】カルナヴァレ美術館 と 憧れのアンリ・カルティエ・ブレッソン写真展

先月、 アンリ・カルティエ・ブレッソン財団

「近代写真の父」と呼ばれる フランスの写真家 ウジェーヌ・アジェの作品を鑑賞。

郷愁漂うパリの雰囲気をたっぷりと味わってきました(*´ω`)

【パリ】アンリ・カルティエ・ブレッソン財団で、ウジェーヌ・アジェの古き良きパリの写真を。

↑↑の企画展は、カルナヴァレ美術館と連動しており、

私が一目惚れした写真家 アンリ・カルティエ・ブレッソン の作品は

現在 カルナヴァレの方に企画展として展示されているとのこと。

これは もう、絶対に外せない!企画展だったのと、

カルナヴァレの常設展自体にも興味があったので、

とある休日に

張り切って(笑)行ってきました♪

いったい どんな美術館なのでしょうか?

4年の歳月をかけ 今年改装を終えた、マレ地区にある優雅な美術館

カルナヴァレ美術館は、パリ マレ地区の目抜き通り フラン・ブルジョワ通りにある、パリ最古の美術館

マレ地区は 貴族の邸宅が多く残る地区ですが、こちらも 元々は邸宅として1548年に建てられたものが、のちの1866年にパリ市によって買収され、カルナヴァレ美術館になったそうで、

長らく改修工事中でしたが、今年の春に ようやく終わり、リニューアルオープン。

パリの歴史資料を所蔵・展示している市立美術館で、常設展は無料。

約60万点にも及ぶ所蔵品は、絵画、彫刻、模型、家具、調度品、版画、ポスターなど多岐に渡り、圧巻の見ごたえ!パリの歴史がたくさん詰まった美術館です。

じっくり見たら、半日以上!?中身の「濃い」美術館。

それでは、さっそく中の様子を。

まず館内に入ると目に飛び込んで来るのが、

パリに実際にあった商店の看板↓↓

こちらの展示スペースだけでも、結構 長居できそうなのですが、

まだまだ展示は序盤の序盤。

地下1階から3階(日本の)まで、

あまりにも情報量が多くなってしまうので、

ここからは 雰囲気をさらっと ダイジェスト版で お送りいたします(笑)

パリ市庁舎のレプリカ

黒猫のポスターは、
誰もが一度は見たことがあるはず。

とにかく展示されているジャンルが様々なので、見ていて面白い!

守備範囲が広いので、多くの人が楽しめるのかな。。という印象。

アールヌーヴォーの お部屋✨

空間や壁まで存分に活かした展示は とても素晴らしく、

ついつい写真に収めたくなってしまいます(^^)↓

360°カメラスポットとなっていました(笑)

さらに、「元邸宅」ならではの優雅な装飾を纏った館内を鑑賞することもできるので、楽しさ2倍♪↓

個人的に好きだった展示は、

非常に精巧に造られた 模型↓↓と、

小説家 マルセル・プルーストの寝室でした。↓↓

展示の前で自分の身体と重ねてみましたが、
プルーストさん デカすぎないかい??

カルナヴァレ美術館で、もう一つ見逃せないのが、美しい中庭&カフェ・レストラン。

手入れの行き届いた 美しい緑に面したテラス席は、

まさに「マレ」の瀟洒な雰囲気を心ゆくまで味わえそうな空間です😌

20世紀を代表する写真家、アンリ・カルティエ・ブレッソンの企画展

さて、個人的にメインの企画展へ!

前書きに載せた記事にもありますが、

アンリ・カルティエ・ブレッソン は、

多くの写真家・芸術家から「20世紀を代表する写真家」と評価されているフランスの写真家で、小型カメラを使って 主にスナップ写真を撮った写真家です。

彼の作品の代名詞とも言える、

「調和のとれた構図」は、

恐ろしいくらいにキマっていて秀逸。

彼の写真集『 Image à la Sauvette 』は、アメリカで『The Decisive Moment (決定的瞬間)』と訳され、この言葉と共に 彼の作品は多くの写真家に影響を与えたそうです。

本人が使っていたカメラに興奮!ありがたく写真に収める(笑)

レトロ!!!

当時プリントした写真の実物が見られるのは貴重✨

マスターピースも じっくり鑑賞できました♪↓↓

こちらの展示は もちろん企画展なので

美術館の一角のみが展示スペースなのですが、

びっくりするくらいの見ごたえ。

初めて見た作品も たくさんあって、

とても勉強になったし、クリエイティビティが刺激されました😊

ストーリーがある写真ばかり。

こんな写真を撮りたいなぁ。。

膨大な量の常設展と大好きな写真家の企画展、

いくら時間があっても足りないくらい、充実した休日となりました✨

しかも常設展は無料だなんて。。

パリには常設展が無料の美術館がいくつかありますが、

いずれも優秀。。

やはり「芸術・文化を大切にする国」は違うなぁ…

と改めて感心させられたのでした。。

そして

ブレッソンの写真展めぐりは、来月?に続く…

Musée Carnavalet カルナヴァレ美術館

Adresse : 23 Rue de Sévigné 75003 Paris

最寄駅 : メトロ1号線 Saint-Paul 駅、8号線 Chemin Vert 駅

開館時間 : 火曜~日曜 10:00-18:00

休館日 : 月曜日、1/1、5/1、12/25

入場料 : 常設展 無料、企画展 11€

HP : https://www.carnavalet.paris.fr/

アンリ・カルティエ・ブレッソン – Revoir Paris は、2021/10/31まで!

◎マレ地区なら、こちらも おすすめ✨↓↓

ピカソ美術館~パリのおしゃれ地区マレでエネルギー溢れる作品たちに出会う~

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す