パリ20区紹介〜vol.7 20区〜

20区紹介、第7回目は20区です。

パリの東、20区というと 治安の悪さで名高いですが(笑)、気を付けていれば 昼間の街歩きは そこまで神経質になることはないです。

移民が多い地域なので、「パリ」にいる感じがあまりしませんが、

それがかえって開放的で、街の雰囲気も 自由な感じ。

「20区なんて、何も ないんじゃ…」とか 思われがちだし、「治安が悪いので、用事がない限り20区に行くことはない」という日本人が多いため、あまり20区の情報って少ないのですが、のんびりお散歩するには 悪くないですよ!

では、20区には 何があるのか、4つの地域ごとに紹介して行きたいと思います♪

4つの地域

20区は 大きく以下の4つの地域に分けられます。

  • Père-Lachaise 地区
  • Belleville 地区
  • Saint-Fargeau 地区
  • Charonne 地区

Père-Lachaise 地区

その名の通り、パリで有名な墓地 Père-Lachaise がある地域。

小高い丘にあるMénilmontantメニルモンタン周辺は、古い家やアーティストのアトリエ、古びたバーなどが あり良い雰囲気です。

Père-Lachaise

今度詳しく記事にする予定ですが、パリで一番大きな墓地で、ショパンやモディリアーニ、バルザック、エディット・ピアフなど名だたる芸術家や歌手、女優、作家などが眠っています。

お墓というと、近寄り難いイメージを持つ方も いらっしゃいますが、こちらは有名な観光名所でも あり、お散歩には最適です。

Belleville 地区

こちらも有名な地区。

それはなんと言っても、中華街があるから!

中華街

19区との境になっている、ベルヴィル通りにある中華街。

こちらも 今度ぜひ詳しく紹介したい場所!

美味しい中華をお手頃価格で食べられる、食いしん坊には たまらない天国!行くとハマります!(食べ歩きしてきました!→https://lecielclair5.com/%e3%83%99%e3%83%ab%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%ab%e3%81%ae%e4%b8%ad%e8%8f%af%e8%a1%97%e3%81%a7%e9%a3%9f%e3%81%b9%e6%ad%a9%e3%81%8d%e3%80%9c10e%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%80%9c)

Belleville 公園

小高い丘にある公園。

観光客は たまーに来るくらい。

緑がたくさんで、ふもと から頂上に辿り着くまでは地味に しんどいです(笑)

頂上のパノラマスポットは 最高!

あまり人もいなくて のーんびり過ごせますが、怪しいお兄ちゃんたちが いる時もあるので 気を付けて。

※Belleville地区は、中国系移民出身者と北アフリカ系移民出身者コミュニティとの間に軋轢が あるので、アジア人が行く際には 十分注意しましょう。(私が行った時は優しい人に出会いましたが…)

Église Notre-Dame de la Croix

「20区にも こんなに素晴らしい教会があるのか!」(←失礼)と びっくりした教会。

とても 大きく、内部も とても美しい教会です。

Villa de l’Ermitage

「Villa」は 一軒家が集まった区画のこと。

可愛らしいお家があり、お散歩にぴったり。

なぜか、「かかし」祭り
絶賛開催中でした

Saint-Fargeau 地区

こちらは これと言ったランドマークは あまりない印象。

マンションや住宅街、個人商店や量販店などがある、「生活区」といった感じです。

Charonne 地区

Église Saint-Jean-Bosco

20世紀に建てられた教会の中で、最も美しい教会の一つ。1930年代に建てられました。

現代的な造りが新鮮!

教会内のステンドグラスは 必見です!

ちなみに…

ほぼ隣の市になりますが、モントルイユの蚤の市も20区にあります!

ディープな蚤の市を体験したい方はぜひ!→パリ3大蚤の市〜モントルイユの蚤の市〜

こんな感じで、意外と見どころのある20区。パリ ビギナーさんには オススメできませんが(笑)、いつもと一味違うパリを覗きたい方は ふらっと遊びに行ってみては?

もちろん、お出掛けの際は 複数人で!(私は 1人で行っちゃいましたが。。(笑))

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す