パリ20区紹介〜vol.2 13区~

第2回目は 私の職場のある区、13区です。

またまたマイナーな区ですが、とても表情豊かなところです。

13区のランドマークと言えば…

13区と言えば、大体皆さん思い浮かぶのが、「中華街」、「Butte aux Cailles」、「Italie 2」、「国立図書館」ですかね。。

これから それぞれを紹介していきたいと思います。

パリ最大の中華街

他の区にも中華街はありますが、13区の中華街が一番大きいそう。Avenue de Choisy ショワジー通り、Avenue d’Ivry イヴリー通り 、 rue de Tolbiac トルビアック通り沿いに、中華系レストランや、アジア系食料品店がずらっと並びます。中華だけでなく、ベトナム料理店やタイ料理店なども多くあり、お昼やディナータイムは、常にお腹の空く匂いが漂っている、活気のある地域です。

この間の記事でも紹介しましたが、アジア系の食料品店では 激安で食材が調達出来たり、日本の商品も 普通のスーパーより格安で手に入るので オススメです。

もちろん たくさんのフランス人も
食事を楽しみに来ています♪


まるで中国に来たみたいになります。

ちなみにrue de Tolbiacは14区から 中華街を越えて 国立図書館まで通る メイン通りで、たくさんの店が並んでいる賑やかな通りです。

Butte aux Cailles

ビュット・オ・カイユ地区、私の好きな地区です♥️今度 また別記事で詳しく紹介したいと思いますが、小さい丘(butte)の地区で、「ここはパリなの?」という、閑静で可愛らしい住宅街。お洒落なカフェや、バー、雑貨店などもあり、とても良い雰囲気。

ここは 穏やかな時間が流れる
壁のアートも 色々あるので、
見つけながら散策すると楽しい

パリジャンの穴場的スポットらしいですが、「王道のパリ観光じゃない観光」がしたい方など、そういった方も ぽつぽつ歩いていたりします。

Italie 2

イタリー広場にある Italie 2 イタリー2、13区で最大級のショッピングモールです。なんで「2」なのかは知りませんが(笑)、130の店舗があり、スーパーなども入っていて、なんでも揃ってとっても便利♪

目の前を通るAvenue d’Italie イタリー通りも、とても活気があります。

パリらしくない近代的な建物。

フランソワ・ミッテラン国立図書館

大統領の名前を冠した、巨大図書館です。図書館の建物は、「本」を表現しているのだとか。

図書館の前にある巨大な階段からは、セーヌ川を一望出来ます。この階段、ちょうど良いベンチになるので、みんな 日向ぼっこしたり、ランチをしたり。

セーヌ川

この界隈は、新興開発地区で、とにかくガラス張りのビルが多くて、「東京」です(笑)ショッピングモールや、映画館とかも充実。街並みが日本っぽいので、図書館以外には あまり用事は ないかもしれません。。

まだまだあるぞ!13区

その他には、パリの主要駅のひとつである、Gare d’Austerlitzオーステルリッツ駅や、スポーツスタジアムのStade Charléty、 有名な新聞社 「Le Monde 社」も13区だったりします。

あと13区散歩にオススメなのが、ストリートアート探し!高層ビルや、団地が多くて殺風景な感じもする13区ですが、団地の壁など、至るところに カッコ良い絵が描かれています。本当にたくさんあるので、自分だけのお気に入りを探すのも良いかもしれません。

偶然見つけると嬉しくなります。

その他には、国立図書館のそばにある rue des Frigosフリゴ通りには アーティスト達が集まっているビルがあったりも。

アーティストが集まるビル。
個人的に夜はオススメしません。

14区と同じく、「ザ・パリ」ではありませんが、庶民的で、なおかつ色々なものが盛りだくさんの、個性的な区だと思います。

何度目かのパリ観光で、お決まりの観光に飽きた方、13区散策はいかがでしょうか?

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す