節約の味方!激安スーパー Lidl

来年のバカンスへ向けて、

絶賛節約中の今日この頃。

節約となると、食品や生活雑貨の出費をどうにか抑えたいですよね?

今日は そんな節約生活の強い味方、

スーパー Lidl (リドル) について!

Lidl って?

ドイツのスーパーで、ヨーロッパを中心として世界中に約8,000店舗を展開。フランスではドイツに次ぐ店舗数を誇り、パリには現在 16店舗あります。

フランスで 一番安いと言われているスーパーチェーンです。

ちなみに 今年は

Lidlがフランスに上陸してから30年という、記念イヤーとなっています。

どのくらい安い? 品質は?

どのくらい安いかは、分かりやすく 某スーパーとの比較を参考に!

左側 某スーパー/右側 Lidl です。

※金額は 記事を書いた時点での値段で、時期によって変動はあるのでご了承下さい。

野菜・果物類(すべて1kgあたり) トマト 2,99€/1,99€ 人参 1,49€/1,39€ バナナ 1,99€/1,59€ みかん 1,99€/1,79€

肉類・卵 ソーセージ 330g 4,09€/ソーセージの中身のひき肉 500g 2,69€ 卵 12個入 3,19€/1,62€

乳製品 バター 250g 1,89€/1,69€

生活雑貨 洗濯洗剤 27回分 4,99€/40回分 4,35€

と、こんな感じ。

とにかく安い!

色んな商品を見て、某スーパーの安いPB商品とも比較しましたが、

Lidlに勝てた商品は ごくわずかでした。

ワインも 2€を切る商品があって激安!

「こんなに安くても、質はどうなの?」って思う方もいらっしゃると思いますが、

生鮮食品は、他のスーパーと変わりは全くないです。野菜も お肉も新鮮。

日配食品や缶詰め、冷凍食品、お菓子類などは

味の好みとかがあるので 判断しにくいですが、

普通に美味しいですし、質も満足できるものです。

こんなに買って 16€!

パンは 恐らく冷凍のものを
焼いたやつだと思われますが、
それでも かなり安い。

店内の雰囲気と取り扱い商品

店舗にも よりますが、店内は こんな感じ↓↓

青果売り場
乳製品コーナー
精肉売り場

まー、普通のスーパーと変わらないですかね。

売り場は、青果、乳製品、精肉、魚、乾物、お菓子、冷凍食品、お酒・飲料などや生活雑貨とちょっとした衣料品コーナーも。

取り扱い商品は、PBブランドが 多めですが、一般の商品も 置いてあります。

BIO商品コーナーも あります!

店舗の規模にも よりますが、

1つの商品においての 種類の充実度は、あまり高くないかな。。


そして

Lidlは とにかく お得に買い物ができるので、店内は 常に にぎやか。(日本のオオゼキみたいな 笑)

特にレジが混むので、

そこは 覚悟しておきましょう!

レジは 店員さんがいるレジと、セルフレジの両方があります。

セルフレジの場合、会計を済ませた後、レシートに印刷されたバーコードをゲートにかざして スーパーから出るようになっています。

客層は、地域によります。場所によっては移民の方が多かったりもしますし、フランス人のお客さんが たくさん来てる店舗もあります。

パリ市内店舗の地図。
やっぱり庶民的な地域に展開しています

と、以上がスーパー Lidl についての紹介でした!

かなり コスパの良いスーパー、

年間優良スーパーに選ばれていたりもするので、

節約したい方、

行けば必ず Lidlの虜となりますよ。。(笑)

チラシを見るだけで
ウハウハしてしまいます(笑)

HP: https://www.lidl.fr/

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す