滞在許可証、初めての更新〜就労ビザ・当日編〜

前回の滞在許可証、初めての更新〜就労ビザ・書類準備編〜に引き続き、

今回は手続き当日の流れについてです。

パリでの 滞在許可証の更新は、4区シテ島のPréfecture de police de Paris パリ警視庁です。

メトロ4号線 シテ駅の出口を出て すぐにあります。

入館・受付

私の手続きの予約は15:00から。

Convocationには 「時間を守って、早く来すぎても駄目」となっています。

私は 余裕を持って家を出たので、14:40くらいに到着。多少時間がありましたが、早めに行くことに越したことはないので(何が起こるか分からないフランス)、そのまま入館しました。

セキュリティを抜けて、手続きのセクションへ。

私たち日本人は、「Asie ・Océanie 」のセクション、一番突き当たりの部屋で 手続きをします。

まずは 部屋に入り、受付でConvocationを見せます。

すると 係りの方が 申請用紙番号が書かれた紙を渡してくれるので、自分の番号が呼ばれるまで、待合室に行って申請用紙を記入しながら待ちます。(筆記具は持参して下さいね♪)

申請用紙は、申請者の情報を記入する、簡単なものです。

ビザの種類、氏名、住所、生年月日、連絡先、入国日、ビザの期限、職業…などでした。

分からなくても、手続きの際に担当者の方が教えてくれるので大丈夫です。

私は 15:00前に入室して、15:30頃に順番がきました。待合室の椅子は満席で、結構賑わっていました(笑)

早すぎも駄目ですが、手続きには 多少早めに行くことをオススメします。。

手続き開始

番号が呼ばれ、いよいよ 手続き窓口へ。

窓口は、日本の銀行みたいな、個別窓口。

10以上の窓口があったと記憶しています。

担当者は 穏やかそうな お姉さん。

挨拶して、まずは パスポート、ビザ、滞在許可証のチェック。

その後、「手続きが終わるまでの3ヶ月間は、住所・連絡先などの変更は一切しない」という誓約書にサインをし、新しい許可証用のサインと写真を提出します。

私の写真を見たお姉さん、

すると、ここで 問題が!

どうやら 写真の前髪がちょっと目にかかっていて、これだと使えないらしい。。

「部屋の外に写真機があるから、撮り直してきて」とのこと。

若干 焦る私。

お姉さん、慣れたもので、

「荷物全部ここに置いといて良いから、また後でね~」と笑顔。

「す、すみません。。」

申し訳ない気持ちで ささっと写真機の場所へ。写真の撮り直しをしている人は意外といました(笑)

そんなこんなで席に戻り、手続き再開。

次に指紋をとり、必要書類の提出。

書類の提出は、一つひとつ、ゆっくり順番に確認して下さって、優しかったです✨

そして 一度待合室に戻り、レセピセ(滞在許可証を申請中であることの証明書)の発行を待ちます。

レセピセの受け取りと、ここでまたもや問題発生!?

30,40分くらい 待ちぼうけして、再び順番が。

「よし、これで終わるぞー」

と思って窓口に行くと、

お姉さんから 悲しいお知らせが!

「提出書類を確認したところ、あなたの雇用者は あなたにきちんとした給与を支払っていません、この後 労働局に通達し、労働局から雇用者に連絡して、きちんとした対応がなされれば、4年ビザ、そうでなければ再び1年ビザになります」とのこと!

確かに 最初にサインした雇用契約書と今 貰っている金額が違うのは 分かってたけど、なんらかの理由があるんだと思って、私も職場に何も言ってなかったんです。。

まさか こうなるとは(泣)

でも うまく行けば 収入アップ(というか正規の収入?)&4年ビザで 一石二鳥だと、

すぐに考えを改める。

「いずれにせよ、すべてこちらで対応して、3ヶ月以内に連絡するから、あなたは待ってるだけで大丈夫よ」とのこと。

そして レセピセにサインをし、本日の手続きは終了!

滞在許可証 発行終了の連絡を待つのみです。

セクションの雰囲気

こんな感じで、初めての手続きで 最初はドキドキでしたが、お姉さんが とても丁寧で親切な対応をして下さったので、印象良かったです。

他のスタッフの方も 噂に聞くほど悪い感じの人はいなかったし、違う窓口からは楽しそうな声が聞こえていたくらい(笑)

ただ、きちんと手続きの手順を理解しておらず(自分で説明書などを読む初歩的な努力をしない)、無理なことを言っている申請者には、断固として立ち向かってました。。

そういうところは 日本みたいに 優しく断ったりとかしないで、容赦ないです(笑)


以上が 滞在許可証の更新でした♪

連絡は3ヶ月内。

絶対4年ビザ欲しーーー!!!

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す