ブールデル美術館で 静かな夏の午後を味わう。

ブルターニュの旅行を終えてパリに戻り、

また どこかへ遠出することも考えましたが、

世の中の状況や 家計の状況(笑)も あり、残りの2週間はパリでの生活。

せっかくの お休みを頂いているので、この期間を有意義に過ごそうということで

先日、かねてから訪れたかった こちらの美術館へ行ってきました↓↓

ブールデル美術館 Musée Bourdelle です(^^)

彫刻家の巨匠 ロダンに師事した ブールデルの元自宅兼アトリエ

以前パリ15区を紹介する記事でも書かせて頂きましたが、

ブールデル美術館 Musée Bourdelle は、彫刻家 アントワーヌ・ブールデルの自宅 兼 アトリエを改装して造られた美術館。

あの彫刻家の巨匠、ロダンの弟子でもあった ブールデル は、独立後 ロダンと ともに「ロダン学院」を創設し 後進の指導にも力を注いだ 熱心な人で、20世紀の彫刻のパイオニアの一人です。

館内には 代表作「弓を引くヘラクレス」をはじめとする 膨大かつ多岐にわたる作品たちが展示されて、彫刻作品一つを取っても、石膏、ブロンズ、大理石、粘土など様々。

デッサンや絵画はもちろん、当時の写真などからも 彼の人生や仕事を覗くことができるようになっています。

館内の作品、アトリエなども 見どころ満載ですが、

さらに 敷地内の お庭にも 彼の彫刻作品が溢れ、とても美しいと定評が。

ちなみに 常設展は 無料というところも 嬉しいポイントです✨

15区の ひっそりとした路地にある美術館

それでは行ってみましょう♪

美術館は賑やかな モンパルナス地区から程近い、静かな住宅街の路地にあります。

エントランスを抜けると、まず最初に素敵な お庭が目に飛び込んでくるのですが、

とりあえず置いといて隣の展示室へ↓

石膏彫刻の展示室です。

入ってみると。。。

すっっっごい迫力!

代表作「弓を引くヘラクレス」も入口のすぐそばに!

躍動感がすごい。。

こちらの展示室の作品は 巨大なもの多し!

「ロダン」の彫刻などを想像していたので、あまりの大きさに思わず息を飲みました。

写真だと上手くスケール感を伝えにくいのですが、

下の写真が一番伝わるかも。。↓↓

10メートルは超えているかと思います…!

制作過程はきっと工事並みだな。。とか考えながら部屋をあとにし、

お庭を眺めながら次の展示室へ。

雰囲気あります(^^)

こちらの展示室の作品は小さめ。

主に色々な作品の習作やデッサンなどが展示されていました。

よく見ると、それぞれ身体の角度が違います。

制作時の写真や手紙なども ありました。


展示室を出ると、もう一つのお庭が。

趣ある庭に ブールデルの作品が上手いこと溶け込んでいます。

祝日の静かな午後に訪問したので、

この素敵な空間を ひとり占め出来ました✨(^^)


続いての展示は、ブールデルの制作過程について。

実際に使用した道具。

こうやって見ると、

「彫刻」って作者の魂をも削るような、とても体力のいる創作活動だなと改めて実感します。。

さらに奥に進むと、見どころの一つでもあるアトリエに到着!

午後の光に照らされた作品たち。。

まるで 時が止まったかのような 不思議な空間。

しばし その世界観に浸りました。。


見学も いよいよ終盤、

2階の展示は こんな感じ↓↓

エントランスの方にある お庭も見下ろせるようになっていて、良い眺めです♪

再び 1階に戻り、最後の展示室へ。

ブールデルの描く絵画は、彫刻作品とは また少し趣が違って、新鮮でした。


最後は お庭で彫刻を眺めながら ベンチで休憩。

束の間の うたた寝。。

この日は、暑すぎず、寒くもなく
気持ちの良い陽気でした。。

今回は 企画展は やっておらず、常設展のみの見学でしたが、

これだけの作品・お庭が堪能できるとは……!

個人的には お金を払っても良いと思えるほどの内容でした✨

ちょっとマイナーな美術館では ありますが、

彫刻が好きな方は かなり満足できる美術館だと思います🎶

アトリエにいた 三姉妹♪

ブールデル美術館 Musée Bourdelle

Adresse: 18 rue Antoine Bourdelle 75015 Paris

最寄駅: モンパルナス駅 Gare montparnasse、メトロ 12号線 Falguière 駅

開館時間: 火曜~日曜 10:00-18:00

休館日: 月曜日

入場料: 常設展は無料 、企画展は有料(金額は 展示ごとに異なる)

HP:https://www.bourdelle.paris.fr/

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す