ブルターニュの海のブローチ。〜素敵なノエルのプレゼント〜

今年は 色々ありすぎて、

もう すでに懐かしい 夏のブルターニュ旅行。

最終日に訪れたアーティストの街オレーは、街の雰囲気がとてもフォトジェニック&素敵なギャラリーがたくさんあって、

自分の中で かなり印象に残った街でした。

【フランス旅行記】ブルターニュ小旅行~4日目 Aurayオレー~

その オレーで可愛らしい絵本を購入した際に、その作家さんと繋がってインスタをフォローしあうようになったのですが、

ノエルの季節に

「ギフトにいかがですか?」と作家さんの作品を紹介する投稿があったので、

今回は自分用に 1年頑張ったご褒美として(何を頑張ったのかは分かんないけど、今年は みんな頑張ったでしょ!笑)、作家さんの作ったブローチを購入することに(^^)

で、そのブローチが先日 はるばるブルターニュから到着しました✨

「ブローチ送ったよー」のメッセージからかれこれ1週間かな。。

普通の郵便封筒の中には、なんとも素敵なパッケージが↓↓

ちょっと素朴で、ノスタルジーある 彼女の作品の雰囲気が、

パッケージからも溢れております。。

メッセージカードも付けて下さる 心配りが嬉しい。。

で、そのブローチがこちらです↓↓

写真では伝わりにくいのですが、

とっても素敵な青のブローチ。

ビーチガラスなどのガラスの破片を加工して作ったものです。

色も 青以外に緑、紫、茶、など色々あり、同じ形はない、世界に一つのブローチ。

光の入り方によって、様々な表情を持ちます。

小さな気泡もあって、まるでブルターニュの海みたい。。

とても美しいブローチ自体が

自分のところに来たことも満足だったのですが、

一番は「作家の Giuliaさん から買ったこと」が嬉しかったのかも。

こうやってアーティストと交流を持てたことが、私としては一番のプレゼントになったかな。。😊


と、いうことで、本人の了解も得て、ちょこっと 作家 Giulia Sina Deniau さんの紹介です。

イタリア・ミラノ出身。大学の建築学部に在学中、デッサンと美術史に興味を持ち、パリに留学する。

イタリアの大学を卒業後、パリで建築士として働く傍ら、デッサンや執筆の活動を続ける。

3人の子供に恵まれた後に、デッサンや執筆活動に本腰を入れ、2017年に絵本を発表。

現在家族と共にオレー在住。

http://giuliasinadeniau.com/about/?lang=fr

私が夏に購入した絵本が

L’étrange destin (数奇な運命)

ある国の お姫様が、みんなより大きな瞳を持ったがために、人より多くのものを見てしまい(人の欠点とかも)、それを疎ましく思った国王と女王は なんと彼女に目隠しをして別の城に追いやってしまいます。

そして そこで待ち受ける彼女の運命は……?!

という内容です。

全ページ コラージュの作品で、とにかくキュート。

ストーリー自体を楽しむのも良いですが、「どんな素材でコラージュしてるんだろう」と、一つひとつ細かく見るのも楽しい。

その他に、平面のアート作品や、お部屋に飾るモビール、先ほどのブローチシリーズと同じネックレスなども作っていらっしゃいます。

興味のある方は、ぜひ下記をチェックしてみて下さい!

HP :

http://giuliasinadeniau.com/?lang=fr

インスタ :https://instagram.com/giulia.sina.deniau?igshid=118bwz9sh9yca

また、本やブローチなどの作品の購入は、公式サイトの Contact 、もしくは インスタのDM でも受け付けているみたいです。(支払方法からすると、フランス国内のみかな。。もし日本で気になる方がいらしたら、とりあえず私にDM下さい)

ブローチは パリのブティックでも置いているそうなので、詳しくはHPで。


小さい頃からアートが好きなので、

やっぱりアートの交流って楽しい!

今は世界がこんな状況で、まだまだ厳しい状況が続きそうだけど、

やっぱり アートは

人間の心を癒すパワーを持っています!

以前 出会ったあのアーティストさんは、元気かな。。

折をみて今度連絡してみよう…!

ブローチの お礼文と一緒に この写真も送りました♥️

◎オクシタニー旅行でも、アーティストさんと仲良しに!↓↓

【フランス旅行記】オクシタニー旅行6日目〜コリウール 前編〜
Rating: 1.0/5. From 1 vote.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す