フランスでの 小切手の換金の仕方。

先日 郵便ポストを開けると、

6月に手続きした確定申告の金額通知の お手紙が!

嬉しいことに(?)、今回は戻りがあるそうで、還付金額が記載されていました♪

と、ここまでは良かったのですが、お知らせをよく読んでみると、税務署に口座番号を申告したにもかかわらず、

「還付は 小切手にて行われます。まだ口座を申告していない方は、次回の入金・引落し手続きの為にもネットで申告して下さい。」との文言が。

「おかしいな。。」と ちょっと不満に思いながらも、ネットでサクッと口座登録を済ませ、

小切手は そのまま持っていても ただの紙切れなので、

さっそく銀行へ小切手を換金しに行ってきました。

(※小切手の換金は 1年と8日と 期限があるので注意です!)

今回、小切手の換金は初めてだったので、簡単に換金の方法について説明していきたいと思います♪

自分の口座がある銀行へ行く

手続きは もちろん自分の口座のある銀行で行います。どこの支店でも大丈夫です。(予約の必要はありません)

銀行へ行くと、入口とか分かりやすいところに ” Remise de chèque “ と書かれたコーナーがあり、

そこに記入用紙があるので記入していきます。

記入用紙の書き方

手続きの方法に関しては、先ほどのコーナーに大体 下のような説明書きがあると思います↓↓

どこの銀行も大体流れは同じかと思います。

説明を以下にまとめます。

①換金したい小切手の裏に Code de guichet 窓口コード、口座番号、clé de RIB RIBのキー番号、自分のサインを記入します。

これらの番号は、最初に自分の口座を作った時に 紙で貰えると思います。

②記入用紙を埋める。

記入用紙はこんな感じ↓

一番上に、Bénéficiaire 小切手の受取人(自分の名前)、Date 記入日、Nombre chèques 小切手の枚数(複数枚記入できる、今回は1枚のみ)

小切手情報の記入欄に、小切手番号(小切手の左上にある番号)、銀行名・都市名、Nom de l’émetteur 小切手を発行した人の氏名、Montant 金額、

その右の欄に 自分のサイン、 

最後に 一番下に小切手の裏面にも書いた Code de guichet 窓口コード、口座番号、clé de RIB RIBのキー番号 と 合計金額を記入します。

専用の封筒に入れて投函

控えをとり、備え付けの専用封筒小切手と記入用紙を入れて、専用の箱に投函します。

分からなかったら受付の人に聞いてみよう

もし記入に不安があったら、受付の人に気軽に聞いて大丈夫です。

私も分からない箇所があったので聞いてみたら、丁寧に対応してくれました(^^)

(人によるかもしれませんが笑)


と、こんな感じで簡単に手続き完了!

暇な時期だったからか分かりませんが、午前中に手続きして、午後には振り込まれていました✨

今月、来月は何かと出るものが多かったので助かりました。( ´∀` )

残りは住民税。大半の家庭は免除になりそうなので、徴収ゼロに期待したい。。

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す