パリ12区 アリーグル広場のマルシェと蚤の市。【いつも賑やか!個人的パワースポット♪】

フランス文化の代表の一つ、マルシェ。

様々な食材や生活用品が一か所で手に入るスーパーが当たり前の日本では、

マルシェって とても新鮮に感じられ、

「観光スポット」としても 訪れる方が多いですよね(^^)

パリ市内には

それはそれは たくさんのマルシェがあり、地区によって雰囲気が様々。

今回は私が好きなマルシェの上位、

アリーグルのマルシェについて。

パリで一番活気のあるマルシェの一つ。

この通り、ほぼ八百屋!!

パリ12区のランドマークとも言える こちらのマルシェは、

アリーグル広場 Place d’Aligre で 月曜以外は常に営業している常設市場

屋内市場の Marché Beauvau と、アリーグル通りに広がる屋外市場があります。

屋内市場では 主にお肉、魚、チーズ、エピスリー(↓記事)などの食材が手に入り、

本格料理に欠かせないパートナー♪ パリのスパイス専門店 Sur Les Quais 

屋外市場では 八百屋がメインになっています。

遠方から足を運ぶ人も いるほどの人気のマルシェです。

12区という場所柄か、気取っていなくて庶民感満載。

アフリカや中東系の八百屋さんも 多いので、威勢の良い 掛け声が市場いっぱいに響きます(^^)

お値段もリーズナブルで助かる!

ちょっと雑然としていますが、私は こういう雰囲気の方が性に合っています(笑)

もちろん、フランス系の八百屋さんもありますが、ちょっと お高め。

まあ、野菜の質も良いものが多いのですが。。上手く使い分けるのが良いかも。

わさーって置いてるのに、
なぜか絵になりますよね。。
通りの角に ある お花屋さん
こっちは、大家族、業務用?!

八百屋が出ている通りの両脇には、もちろん普通の お店もある訳で。。

先程の屋内市場のように、お肉、お魚、チーズ、エピスリー、ワインの お店の他、

アジア系や、中東系の安くて美味しそうな お総菜屋さんも いろいろ。

買い物がてらの腹ごしらえも ばっちりです✨

オリエンタル系の食材店 Sabah さんは 大人気!

生活密着型?の蚤の市も一緒に。

マルシェと並ぶように アリーグル広場にある蚤の市。

こちらも 庶民感があるので、「お洒落なアンティーク」というよりは、

ガラクタ類が多めです。

ラインナップは、食器類、古本、絵、古着など、まんべんなくある印象。

生活感。。
これ、結構可愛いんじゃない??
エッグスタンドの群れ。

よーく探せば、↓↓のような 掘り出し物も見つかるので、いろいろ見て楽しんで下さい(^^)


主にパリ西側の「お上品さ」は ありませんが、

行くと 気に入る人が多い、アリーグル広場のマルシェ。

元気いっぱいの市場からパワーをもらいに、

ぜひ遊びに行ってみて下さい♪

屋内市場HP : https://www.paris.fr/equipements/marche-couvert-beauvau-marche-d-aligre-5480

屋外市場HP :

https://www.paris.fr/equipements/marche-decouvert-beauvau-marche-d-aligre-5481

◎それぞれ魅力的✨↓↓

ラスパイユの ビオ・マルシェで リラックスした日曜日。。
パリ最古の市場、アンファン・ルージュで満腹ランチ 
No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す