パリにTokyoの美術館?パレ・ド・トーキョーで現代アートを体感!

今週は

ちょっと仕事がしんどい週でした。。

あー、疲れた(´Д`)

そういう時って、週末の楽しみを糧にしたりしませんか?

この一週間、

ずっと気になっていた美術館へ行くことを楽しみに、ひたすら仕事してました(笑)

その美術館がこちら↓

Palais de Tokyo パレ・ド・トーキョー !!

パリなのになんで「トーキョー」?

以前、16区の記事でも さらっと紹介させて頂きましたが、

パレ・ド・トーキョーは 現代アートの美術館で、常設展はなく、期間ごとに 企画展がいくつか開催されているというユニークな美術館。

なぜ 名前に「Tokyo」がついているのかというと、

こちらの美術館の前を走る通りが、かつて「東京通り」だったからだそう。

その昔 タペストリー工場だったこの場所を、パリ万博の一環で 国立近代美術館(現在はポンピドゥ・センター内にある)としてオープンしたのが、そもそものはじまり。

のちにポンピドゥ・センターが開館し、国立近代美術館はそちらに移転したため、2002年に現在のパレ・ド・トーキョーとしてオープンしました。

お向かいには、パリ市立近代美術館もあります✨

美術館としては 珍しい 12:00-24:00の開館時間も、ゆっくりアートを楽しめるので、魅力の一つとなっています。

ポンピドゥ・センターを訪れてから、現代アートの魅力に目覚めた私。

パレ・ド・トーキョーは 一度来てみたかった美術館でした(^ー^)

わくわくする企画展がたくさん。

では さっそく中へ入ってみましょう♪

コンクリートそのままの建物内は、天井が高くて エントランスだけでも十分オシャレな雰囲気(^^)面積は22000㎡で、ヨーロッパのコンテンポラリーアートの美術館の中でも、最大級の広さを誇るそうです!

この広さだけでも、十分に期待できます✨

ここからは 各企画展の展示の様子をご紹介。

Le milieu est bleu 1階

館内に入って すぐに目に飛び込んできた、巨大な布のトンネル!

一番気になっていた企画展が、こちらでした。

トンネルをくぐって先に進みます。

干し草は 良い香りでしたよ(笑)

不思議な世界。

ところどころに人形がいたり、音のなる箱が置いてあったり。

好奇心をくすぐられます♥️

意味不明でも 良いんです。

「感じる」のが面白いんです。


その次に続く展示は、視聴覚の展示でした。

何でもない映像なんだけど、

シンプルに「きれいだな」と思えるものを 表現できるってすごいな。。

と、思いました。。

Le Grand mur 1階

シンプルに

大きい(grand)壁(mur)の展示でした(笑)


ここで、いったんエントランス(0階)に戻って、次は地下へ。

地下のホールも良い感じ(^^)

L’Huile et l’Eau B1階

黒の「深さ」が印象的でした。


そのほかにも、色々なジャンルの展示が集まった部屋が向かいにありました。

本当に見ていて飽きません!


さらに隣の部屋にも、不思議空間が。

ここまでで十分満足ですが、

B2階にさらに展示が!

Notre monde brûle B2階

こちらの展示は、

なんとびっくり、床が全部砂!

まさに空間を まるごと使った展示です。

ネガの映像上映。
下には なんと水が張ってあって、
水鏡も楽しめます。

薄暗い中 砂の上を歩いて、

まるで夜の砂漠にいるようでした。。✨


1時間半ほど、思う存分”非日常”を堪能したあとは、

お楽しみ ミュージアムショップコーナー!

さすが 現代アートの美術館だけあって、売っているものが洒落てます♪ 書籍、雑貨、ポストカード類などなど。。

書籍は 代官山の蔦屋を想像して頂けると分かりやすいかと。

私も こちらで パレ・ド・トーキョーのトートバッグを衝動買い(笑)

以前 パリの街中で 持っている若者を見て、
気になってたんです。、
色は 赤、青、黒など数色あります。

その他、

来館者がゆっくりくつろげるラウンジや、

ソファー 座り心地良さそうでした…

これまた スタイリッシュなレストランまで。。

居心地が良すぎる美術館!

企画展が 複数あるので見ごたえがありますし、展示は移り変わるので、来るたびに 新しいわくわくに出会えます✨

来て良かった~

年間パスも あるので、これは通ってしまいそうだ……( ̄ー ̄)

トイレまで続く廊下が イケてた(笑)

Palais de Tokyo パレ・ド・トーキョー

Adresse:13 Avenue du Président Wilson 75116 Paris

最寄駅:メトロ9号線 Iéna 駅 、Alma-Marceau 駅

開館時間:12:00-24:00(12/24と31のみ18:00閉館)

休館日:火曜日、1/1、5/1、12/25

入場料:12€

HP:https://www.palaisdetokyo.com/

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す