パリでお花見 5区パリ植物園 の桜カレンダー【市内で気軽に行ける!お花見スポット】

春になると待ち遠しくなるもの、桜。

幼いころから慣れ親しみ、

桜を愛でることで「春」を満喫する我々 日本人。

パリにも 桜の名所が数多くあり、パリに お住まいの皆さんも桜を眺めて楽しみます。

今回は、いつも 素敵な お花たちで私たちを楽しませてくれる、

5区 パリ植物園 Jardin des Plantes の桜たちを紹介したいと思います😊

こちらには 桜「並木」は ないのですが、

様々な種類の桜が植わっているので、

3月の中旬あたりから4月の上旬・中旬あたりまで、移り変わるように色々な桜が楽しめるようになっています。

今、この投稿を読んでいる方、

「もう ほぼシーズン終わってるやないかい!」と お思いでしょう(笑)

すみません、来年のための「参考」として、ぜひ ご活用くださいm(_ _)m

では、3月の中旬から順番に見ていきましょう!

開花時期はその年の気候によって左右されますので あしからず。

①アコーレード 見頃3月中旬~

薄紅色の花びらが 可憐な桜。イギリスで生まれた品種です。

生息地域にもよると思いますが、秋と春の二季咲きの桜だそう。(ここでは春だけだった気がする…)

可愛い花びらを至近距離で撮影できます(^^)

あまりメジャーじゃない入口の、Cour Cuvier という中庭にあります。


②里桜 見頃3月中旬~

細かな品種は記載されていなかったのですが、

こちらが一番 ソメイヨシノっぽい桜かな。

植物園の中で、一番背が高く、

École de Botanique という場所にあります。

③白妙桜 しろたえざくら 見頃3月下旬~

お花見の大本命!巨大な白妙桜✨

背丈が低く、枝は地面につくほど。

そのスケールの大きさと、鈴なりの可愛らしい お花に 皆さんトリコ❤

ギャラリーが多いので、良い写真を撮りたい方は朝イチが おすすめです。

Allée Georges Ville 沿いにあり、近くにも同じ品種が植わっています。

④関山 かんざん 見頃4月上旬~

こちらが最後のトリを飾る桜!

濃いピンクの幾重にも重なった花びらは、ゴージャス✨

洋風の桜って印象ですが、

日本原産の八重桜。

その華やかな雰囲気から、こちらもギャラリー多し。

場所は、Allée Guy de La Brosses と、Jardin Alpin にもあります。

同時に楽しめる お花たちも要チェック!

さすが 5区を誇る?ランドマーク、楽しめるのは桜だけではありません!

タイミングが合えば、以下の お花たちも楽しめます♪

ミモザ 2月下旬~

芳しいミモザ。

ちょうど温室の横あたりに広がります。

結構長持ちするので、今年は満開から3月の中旬くらいまで楽しめました。

ツバキ 見頃3月中旬~

日本っぽい花の代表、ツバキも。

開花期間は 結構長いです。

Jardin Alpin に あります。

木蓮 見頃3月中旬~

こちらも 麗らかな春の代表。

白い木蓮とピンクの木蓮がありますが、

ピンクの木蓮が写真に撮りやすくて おすすめ。


桜の開花時期って満開からが結構早いし、

ベストタイミングを狙うのは なかなか難しいのですが、

白妙桜が見頃の3月下旬から、関山が見頃4月の上旬あたりがおすすめです(^^)

先程紹介した、一番大きい白妙桜と関山は、満開の時期が被らなかったのですが(その年によるかもですが)、

もう一つの白妙桜と関山は満開時期がほぼ同じで、他の桜や お花も楽しめるので、

ベストは4月上旬かな?

素敵な写真が たくさん撮れるので、

ぜひ パリ植物園に足を運んでみてください♪

パリ植物園 Jardin des Plantes

Adresse : 57 Rue Cuvier 75005 Paris

最寄駅 : メトロ 7,10号線 Jussieu 駅、7号線 Place Monge 駅、Austerlitz 駅

◎これからの季節の記事も載せときます♪↓↓

パリ・ブーローニュ、バガテル公園でバラざんまい 
シテ・フローラル〜13区の美しき三角地帯〜 

 

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す