サン・ルイ島にある小さなパン屋さん♥️Le Petit Grain

某月某日、マレ地区をふらふら お散歩して サン・ルイ島に渡り、家路に向かう その途中のこと。

日曜日&観光客が皆無の サン・ルイ島は、いつにも増して静か。

そんな ひっそりした道の途中に、唯一と言ってよい、開いていた小さなお店。

覗いてみると、ショーウィンドウには可愛らしいパンが並び、店番のお姉さんが暇そうに本を読んでいる。。

「こんなとこでパンなんか売ってたっけ?」

と その時は そのままスルーして帰ったのですが(笑)、

気になるパン屋さんだったので、

先日の お休みの日に訪問して来ました🎶

Le Petit Grain というパン屋さんです✨

イギリス人シェフがオーナーのパン屋さん

Le Petit Grain さん、サン・ルイ島にある こちらのお店は 実は支店で、製造はなく販売のみ。

本店は パリ20区、ベルヴィル地区にあります。

本店 のすぐそばにある Le Grand Bain というレストランのイギリス人シェフ Edward Delling-Williams さんが オーナーのパン屋さんです。

クイニーアマンなどのヴィエノワズリー系や焼き菓子系に定評があり、小さな支店ですが オープン後すぐに界隈の人に人気のパン屋さんになったそうです。

お客さん1人が入れるくらいの店内。

商品は窓際に ちょこちょこっと、後は奥の棚に食事パンが並んでいます。

どれも魅力的で迷う。。

その他 厳選したフルーツジュースやジャム、ショップバッグなども売られていて、コーヒーもテイクアウトで味わうことができます。

クオリティの高いパンたち。

以下 今回購入した商品です。

値段表記がないものがあったのと、レシートを貰えなかったので、お値段は不明なものばかりですが(笑)、トータルで12,30€でした。。

Seigle 4 €

まずは食事系のパン、ライ麦パンから。

外側は がっつり焼いてあって、バリバリ!香ばしさが お煎餅のようで たまりません( ̄ー ̄)

しっかり焼き込んであるのに、中の水分量は良い感じに保たれていて、モチモチ。ライ麦の酸味も、ちゃんとありつつも くどくなくて、洗練された味でした✨

Croissant

これもまた外観が美しいクロワッサン。

発酵は弱め(?)で、生地がしっかりした、「パイ生地」のようなクロワッサン。「パン」というよりも「お菓子」に近い感じの味と食感でした。(フランスではクロワッサンはパティスリーのテリトリーになりますが日本的な意味合いで)

Kouign Amann amandes

口コミで評価の高かったヴィエノワズリーから もう1品。

フロランタンのようなアーモンドが散りばめられた クイニーアマンです。

生地にもひと工夫あって、カルダモンの魅力的な香りがクセになります。

クッキーとかにカルダモンを入れるのが好きで一時期ハマってたけど、クイニーアマンに入れるって発想、ありそうでなかった。。。勉強になりました!

Flan sarrasin

普通のフランとは色が違ったので、お店のお姉さんに聞いたら、「そば粉」を使っているという珍しいものだったので、即決。

味は……カフェっぽい?

若干塩気が強い感じもしましたが、舌触りも滑らかで美味。土台のパイ生地も文句なしでした。


鰻の寝床のような小さな お店で、

ともすれば気付かずに通り過ぎてしまいそうな お店ですが、クオリティは確か。

この味を お散歩がてら味わえるのはラッキーだなと思いました✨

本店は もっと商品の規模が大きいので、

もう少し色々な状況が落ち着いたら、足をのばして 20区の本店で色々試してみたいな。。

Le Petit Grain Saint-Louis

Adresse: 1 Rue des Deux Ponts 75004 Paris

営業時間: 水曜~日曜 11:00-19:00

定休日: 月曜・火曜

Le Petit Grain HP: https://www.lepetitgrainparis.com/

レストラン HP: http://www.legrandbainparis.com

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す