オクシタニー旅行7日目〜コリウール→モンペリエ〜

旅行7日目。

10:00の電車で出発の前に、昨日知り合った日本人の友人とコリウールで有名なカフェへ。

Les Templiers

かつて たくさんの画家たちが 集った場所で、店内にある 壁いっぱいの絵画コレクションで有名。

こちらで

コリウールでの残りわずかな滞在を惜しみながら、友人とおしゃべり。

最後は 駅まで見送ってもらいました。

この日 画家のおじちゃんとは 会えませんでしたが、またコリウールに来たら 絵や写真を一緒にやろうと約束しました。


さて、

最後の目的地は、ラングドック地方の中心都市、モンペリエです。

コリウールから 約2時間、ようやく到着!

モンペリエって?

モンペリエは地中海沿岸から 10 km ほど内陸に入ったところにある、南フランスの都市。

フランスの名門大学、モンペリエ大学がある学園都市です。

近年ではアート、特にダンスでは世界の中心的存在だそう。

今回の旅の目的地の中で、

トゥールーズと並ぶくらい大きくてびっくり!

まずは街の中心へ。。

観光案内所を目指して、街の中心へ。

街の中心、コメディ広場
L’opéra Comédie

活気があって、中心都市感あります✨

市内には キュートなトラムが。

今まで行った街の中で ダントツの可愛さ(笑)

4路線走っています

それでは観光開始!

案内所で地図を手に入れ、お散歩開始。

帰りの電車の時間まで、約4時間半の滞在。

はたしてどれだけ楽しめるのでしょうか?


まず最初に向かったのは、新市街 Antigone アンティゴーヌ

「新市街」と聞くと、普通の近代的な街で 行く意味があまりないと思われますが、モンペリエは一味違います。

ネオクラシック建築「サモトラケのニケ」の彫刻(レプリカ)が見れるんです!

「ニケ」は 私がこの世で一番好きな彫刻!

一度 本で写真を見て、ぜひ行ってみたいと思っていた場所です。

観光案内所からは 歩いて20分かかると言われましたが、モンペリエに来たからには 見ないと帰れない!と思ったので、

灼熱のモンペリエの街をずんずん進みます。

東京にいるみたい(笑)

新市街の方へ向かうにつれて、四角い建物が増えていきます。

このあたりは静かで落ち着いていて、住むには良さそうな印象を受けました。

この日は本当に暑かった…

日陰を探しながら歩くこと20分、ようやく到着!

これが見たかった景色!↓↓

スケールの大きさは壮観!

コロッセウムのように造られた建物には、普通の住宅も入っています。斬新ですよね?

ルーブルのニケも素敵ですが、夏空の下のニケも 感動的でした✨

近くには
恐ろしいくらい斬新なマンションが!

満足したあとは、また20分かけて 中心へ戻り、街のランドマークを観光。

ファーブル美術館

こちらの美術館、展示されている作品の年代も幅広く、とても見ごたえがありました。

Cathédrale Saint-Pierre

1364年に建てられた、
ゴシック様式の聖堂。

凱旋門

17世紀末に
ルイ14世を讃えるために造られました
もちろん 本家より小さいです

色々なモニュメントを観光しながら、

もうひとつ、モンペリエの外せない場所へ。

Place Royale du Peyrou

ペイルー公園から見える こちら↓

Aqueduc Saint-Clément サン・クレマン水道橋

市街地に水を運搬する為、1754年に造られた水道橋。

同じく南仏にある、Pont du Gard ポン・デュ・ガールが有名ですが、この水道橋は そこから着想を得て建てられたものです。

まっすぐに延びる橋は いい眺め!

いつか本家も見に行きたいな。。


観光のあとは、もちろん 街ぶらも♥️

旧市街は、とても リラックスした雰囲気。

お洒落なカフェやお店が結構ありました♪

街には 騙し絵もあるので、
探してみて下さい♪

そうこうしてるうちに、電車の時間が。

モンペリエとも ここでお別れ。

都パリへ戻ります。。


7日間、本当に素晴らしい発見と出会いがあり、心から満足できた旅行でした✨

知らない世界に触れる度に、

どんどんワクワクして、

もっともっと どこまでも遠くに行きたくなります。

本当に 心が元気になった(^^)

次は どこを旅しよう…?

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す