【パリ】続・アンリ・カルティエ・ブレッソン写真展とシュルレアリスム展で新しい発見!

先月↓↓に引き続き、

【パリ】カルナヴァレ美術館 と 憧れのアンリ・カルティエ・ブレッソン写真展

フランスの写真家 アンリ・カルティエ・ブレッソンの写真展巡りの 模様を。 (2回目なので、興味のある方だけ ご覧ください笑)

今回訪れたのは、パリ13区にある巨大図書館、フランソワ・ミッテラン国立図書館!

0階のエントランスホール

こちらの展示ホールで Le Grand Jeu というタイトルで開催されています。

お目当ての写真展と同時に、他の企画展も開催されていて、少し料金を上乗せすれば、おトクに2つの企画展が見られるという billet couplé というチケット(フランスの美術館では よくあります)が販売されていたので、

せっかくだから ついでに もう一つ見よう!

ということで、なんとなく惹かれた L’invention du Surréalisme シュルレアリスム展も見てきました♪

それでは 行ってみよう!

アンリ・カルティエ・ブレッソン Le Grand Jeu

まずは アンリ・カルティエ・ブレッソンの展示から。

今回、遅ればせながらパリに来て初めての国立図書館!

企画展の展示ホールは、エントランスから見て右側にずらっと↓↓のように並んでいます。

いよいよ潜入。

前回 カルナヴァレ美術館見た、Revoir Paris は、パリがテーマの企画展でしたが、

こちらの展示は、ブレッソンの作品を愛する5人の収集家が それぞれの視点でチョイスしたマスターコレクションを展示するという、ちょっと面白い企画。

収集家ごとに展示エリアが分かれていて、各々が好きに選んでいるので 重複して同じ写真が展示されていることも。

撮影場所が前回のように「パリ」に縛られていないので、よりイマジネーションが掻き立てられる写真がたくさん。日本で撮影されたものもありました(^^)

なんか この じいちゃん好き。
「人生は一瞬で、閃光を放つように あっという間」
写真はその ほんのわずかな瞬間を切り取ったものなのでしょうね…

展示の最後の方に、

世界各地で行われた、ブレッソンの写真展のパンフレットがありました。結構前ですが、日本でも開催されたみたいです✨

やはり どの作品を見ても楽しいし、

はっとさせられる「何か」を感じました。

写真に限らず、人間が表現したり生み出したりしたものには、その人の「人間性」が その対象物に如実に投影されるなぁ…と改めて実感しました。

アンリ・カルティエ・ブレッソン Le Grand Jeu 8/22まで

L’invention du Surréalisme シュルレアリスム展

続いては、 シュルレアリスム展

全くもって無知で お恥ずかしい限りなのですが、

「シュルレアリスム」と聞くと、ダリなどの「絵画」の方でしか イメージが湧かなくて…

戦時中にフランスで起きた、文学・芸術運動なのですね。

意味不明の中に、意味を見出す感じ?

「無意識の探求・表出による人間の全体性の回復を目指した」そうです。

なんとなく、今の世の中の情勢を見ると、現代の私たちに マッチするんじゃないかな?

とピンと来たのは私だけでしょうか?

この言葉とか、なんか響くし。。↓↓

今読んでいる小説の中で、登場人物の一人が読んでいる小説家の名前が!↓

うーん、これは何か縁がありそうだ(笑)

ちょっと、小難しくて、意味不明な部分もあった展示でしたが、

シュルレアリスムについて もっと勉強したい!と思える展示でした。

何か自分の考え方を変えてくれそう。。

L’invention du Surréalisme シュルレアリスム展 8/14まで


お目当ての写真展も、なんとなく?で行ったシュルレアリスム展も、

どちらも新しい発見があり、興味の対象が広がりました。

写真も撮りたいし、読みたい本が また増えたし、行きたい場所も色々あるし、

これから ますます忙しくなりそうだ(笑)

とにかく次読む本は、Louis Aragon で決まりだな(^^)

展示会場の そばにある書店は大盛況でした。

フランソワ・ミッテラン国立 BnF

Adresse : Quai François Mauriac 75706 Paris Cedex 13 ギャラリー2

最寄駅 : メトロ14号線、RER C線 Bibliothèque François Mitterrand 駅、メトロ6号線 Quai de la Gare 駅

展示開催時間 : 火曜~土曜 10:00-19:00、日曜 13:00-18:00 ※オンライン予約必須

定休日 : 月曜・祝日

料金 : 9€、 billet couplé は 11€

HP : https://www.bnf.fr/fr/francois-mitterrand

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す