Salon International du Livre rare & des Experts en Objets d’art 本とオブジェの国際サロン!普段は なかなか見られない 貴重な品に出会う

ここのところ 色々なイベントへ出掛けている9月ですが、

つい先週の休日、相棒から

「招待状もらったから行かない?」ということで、

またしても イベントへと足を運んできました。

(ぼちぼち「イベント系」は お腹一杯なのだが…笑)

そのイベントが  Grand Palais Ephémère グラン・パレ・エフェメール(仮設のグラン・パレ)で行われた

こちら↓↓

Salon International du Livre rare & des Experts en Objets d’art です✨

収集家やファンには たまらない、レア本やオブジェなどが一堂に集まるイベント

Salon International du Livre rare & des Experts en Objets d’art は、

貴重な古書やオブジェ、絵画などが展示される国際サロン。

出展者数は約200と かなりのボリュームで、

本屋部門では、国際古書連盟やフランスの古書・新書 書店協会などに加盟している お店が出展しているそうです。

大衆的な、読まなくなった本が売られている「古本屋」ではなく、

もっと「アンティーク」とか、「お宝」に近いものを売っているお店ですね(^^)

古書やオブジェの他にも、

漫画の原画展示や 書籍に関するデモンストレーションなども行われていて、

収集家のみならず、一般の方にとっても興味深い文化的なイベントになっています。

落ち着いた雰囲気のサロン会場。

初めて見る グラン・パレ・エフェメールに ちょっとテンション上がりながら、

いざ会場内へ!

展示内容が内容だけに、収集家やアダルト層の来場者が多く、落ち着いた雰囲気。

↓↓のように各出展者がブースを作って出展しています。

雰囲気が雰囲気だったので、あまり写真は撮らなかったのですが(笑)、

重厚な装丁の、見るからに価値がありそうな本や、

↓のような著名人の手紙など、貴重な品がたくさん✨

ものによりますが、実際に購入出来ます。
お値段は…うーん、私の給料では簡単に買えない(笑)

普段は、こういった品とは無縁の生活をしているので(笑)、

見ていて面白いです。

ジュール・ヴェルヌの本を大々的に展示していた お店があったのですが、

すべての装丁が煌びやかで、それはただの「本」を越えて、「宝石」のようでした。

本は「内容で なんぼ」の世界ですが、

やっぱり装丁が美しいと、その本に対する思い入れも より強くなりますよね…

「物質的価値」に かなり重きを置いた昔の時代ならではだなぁ…とも思ったり、

色々な発見がありました。

その他には、

日本のものを取り扱う出展者や、

漫画の原画コーナー、

セーヌ川の風景の一部でもある、ブキニスト(古本商)の写真展示。

デモンストレーションでは、本の側面に金箔を貼る技術の紹介や、

↓のように活版印刷の説明とかがありました。

さらには、漫画家のサインイベントなども行われていて、見応えたっぷりの会場でした♪

オブジェや絵画の出展は、全体の2割ほどでしたが、

こちらはギャラリーって感じ。普通に目の保養になりました(*´ω`)↓↓


誘われるがままに付いて行ったサロンでしたが、

なかなか有意義な時間を過ごせました♪

本格的なアンティークの お店って、

なんとなく敷居が高い感じがして 普段なかなか足を踏み入れることが出来ないのですが、

こういったサロン形式だと 色々な お店を気軽に覗くことが出来るので、

とても良い経験になりました✨

毎年開催されているみたいなので、

機会がある方は、ぜひ来年足を運んでみて下さい(^^)

グラン・パレのカフェにて。絵になるカップル。

Salon International du Livre rare & des Experts en Objets d’art HP

https://salondulivrerare.paris/

◎アンティーク好きなら。。↓↓

マレ地区 Le Village Saint-Paul で 静かな午後を。
No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す