2020年 バゲットコンクール優勝店 Maison Julien Les Saveurs de Pierre Demoursに さっそく 行ってみた!

3月5日。

この日は パリ中のパン屋にとって大事な1日でした。。

パリ一番のバゲットを決める日。

そう、バゲットコンクール開催日!

今回で27回目になる2020年は、210の参加があったそうで、

その中から 栄えある1位に輝いたお店が こちら↓

17区にある、Maison Julien Les Saveurs de Pierre Demours さんです✨

Maison Julien さんは いくつか店舗があり、今回 優勝したお店は Pierre Demours 通りにあるお店。

ちょうど お休みの日に 17区を散歩する予定だったので、

「これはグッドタイミング!」と思い、

さっそく 噂のバゲットを食べるべく、お邪魔してきました(^^)

街にある 普通のパン屋さん

17区の住宅街の一角にある こちらのお店は、地元民が通う普通のパン屋さん。

訪問した日が ちょうど週末&お昼時だったので、到着した時には お店の前に行列ができていました。

近所の人同士の、

「この間のバゲットコンクール、ここが優勝したそうだよ」「え、そうだったの!?」という会話を聞きつつ、店内へ。

入ってすぐ右手にガトー、次にお惣菜パンや焼菓子が続き、正面にレジとヴィエノワズリー、パンの棚があります。

お店は わりと小さめですが、

奥にはイートイン席、外にもテラス席があって くつろげる雰囲気。

変に気取ったところもなく、「普通」な感じが良い。

一番忙しい時間帯でしたが、

売り子さんがテキパキと仕事をこなしていました✨

今回の購入品は…

では 今回買ったものを紹介!

Baguette traditon 1,20€

こちらが今年1位のバゲット。

出品したチュニジア人の Taieb Sahal さんは、なんと若干26歳、職人歴は4年!

昨年の優勝店の方もそうですが、選ばれる お店が、伝統とか職人歴とか、そういったものに左右されないところが このコンクールの面白いところだと思います。(もちろん、「バゲットの味で なんぼ」 の世界なのですが)

焼きたて ほかほかを 店から出てすぐに パクり。

焼きは 控えめなので、水分量が多め。

よって、中のモチモチ感と弾力が絶妙!

バリバリとした香ばしさはないですが、日本人には食べやすい感じですかね。

味は あっさりでしたが、食べやすく、噛むほどに 優しい味がしました。

Croissant 1,10€

ヴィエノワズリーの基本、クロワッサンをチェック。

層は あまり出てないタイプ。

味は 普通でした(笑)

個人的意見ですが、全体的に こちらのヴィエノワズリー系は あまりオススメできないかな。。

Macaron framboise 5,50€

ガトー類もチョイス。

ガトー類は大体一律5,50€でした。

ボリュームがあって 食べごたえ◎

フランボワーズも ごろごろ入っていて嬉しかったのですが、

クリームがちょっと甘すぎの印象でした。。


以上が 今回 購入したものの感想でした♪

トータルでの感想としては…

「普通」ですかね(あくまで個人の感想です)

クオリティは 悪くはないけど、

オススメできるほど ずば抜けてない。。

ただ、お値段は 良心的なので、日常的に通うには良いかなというお店でした♪

Maison Julien Les Saveurs de Pierre Demours

Adresse: 13 Rue Pierre Demours 75017 Paris

最寄駅:メトロ1号線 Porte Maillot駅、2号線 Ternes 駅

営業時間:火曜~土曜 7:00-20:00 日曜 7:30-13:30

定休日:月曜日

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す