隣の家に空き巣が入った話。

某月某日、夕方頃。

自宅にて読書中の私。

すると、ドンドンドン、と 私の部屋を ちょっと乱暴にノックする音。

基本的に来客は滅多にないし、ドアを開けて会話するのが面倒なので、

いつも通り(←あんまり良くないですけど、日本にいる時からです笑)居留守することに。

しばらくすると、他の部屋にもノックしている音。

結構しつこい。

うるさいな。。と思いながら、本のページを進めていると、

ノックの音が鳴り止む。

次の瞬間 何かを取り外すような、バキバキ という音。

バカンス時期は物件の改装をする部屋もあるから、

その作業でもしているのかなと思い、スルー。

フランスの業者さんって結構荒いので、多少の大きい音もあり得ます(笑)

そんな感じで その日が終わり、

翌日。

昼間に またノックする音が。

最初はスルーしていたのですが、部屋の外では誰かがしきりに電話で会話をしていたり、ちょっと いつもとは違う様子。

重い腰を上げて出てみると……

「はじめまして。隣の部屋の大家です。昨日この部屋(まさに隣!)に空き巣が入ったんですけど、何か知りませんか?」

「えぇぇぇ!!!」息を飲む私。

まさか昨日の音が空き巣の音だったとは……!

隣の部屋の扉に目をやると、扉は見事に破壊されていた。

「今 住人は、バカンスで留守なんですけど、幸い犯人は何も盗りませんでした。でも扉はこのザマです。。」

と分かりやすく眉毛を八の字にする大家さん。

ざっくり話をまとめると、

犯人は、黒人複数人、エントランスの暗唱番号は知っていて、さらに共用スペースから階段に通じる もう一つの扉は、アパートの住人に開けてもらっていたとのこと。接触した住人は「礼儀正しい人だった」と言っていたそう。逃げる際には、ゴミ捨て場の通用口を力ずくで捻じ曲げて出て行ったそうです。

もし自分の部屋だったら。。と思った途端恐ろしくなり、

急に不安に襲われる。

なんてったって、

あと数時間後に バカンスへ出かけるのだから!

「いやー、今日バカンスに出かけるんです、めっちゃ不安なんですけど。。」

と その大家さんに こぼすと、

「大丈夫ですよ、犯人が同じ場所に戻ってくることは まず あり得ないですし、お宅の扉は頑丈だから」(うちのアパートは、部屋ごとにドアが違う、私の部屋の扉は3箇所に施錠が かかるやつになっている)と気休めの言葉をもらう。

「(状況はさておき) まあ あなたとお知り合いになれて良かったですよ、良いバカンスを」と挨拶してもらい、

複雑な気持ちで旅へと出発したのでした。。


パリでは バカンスで家を空ける人が多くなる夏の時期、

空き巣の被害が増えるそう。

中には 工事の業者 とかを装う空き巣も多いようで、アパートの住人でも、うっかり建物内に入れてしまうケースも結構あります。

「うちの区は平和だから安心」と

高を括っていましたが、

用心しなければ!と かなり身が引き締まりました。。

Rating: 5.0/5. From 1 vote.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す