本格料理に欠かせないパートナー♪ パリのスパイス専門店 Sur Les Quais

某月某日。

先日 投稿した ジビエ料理の材料を求め、あちこち旅に出ていた食いしん坊(私)。

お肉は馴染みの商店街で手に入ったのですが、探していたスパイス類が近所のスーパーでは意外と見つからない!

今年の冬は、スパイス入りのミルクティーとかホットワインを自分で作って、おうち時間を満喫したいな。。とかいう憧れもあったので(笑)、

自転車とか散歩がてら行ける距離で、良い お店を検索!検索!

すると、バスティーユ近くの12区に素敵な お店を見つけました♪

Sur Les Quais さんです✨

12区の台所にあるスパイス専門店

こちらの Sur Les Quais さんは、12区にある屋内市場 Marché Beauvau 内にある お店。

この界隈は アリーグル広場 Place d’Aligre を中心に青空市も開催され、たくさんの美味しいものが集まっています。常に活気があって、元気をもらえる場所です(^^)

アリーグル広場の市場については、こちらに ちょこっと載ってます↓↓

パリ20区紹介〜vol.5 12区〜

お店は 1999年創業。スパイス、調味料、オイル類や、海外の珍しい商品なども取り扱っており、中でも お店自慢の商品が、購入すると その場で瓶に詰めてくれるオリーブオイル!色々な産地の厳選されたオリーブオイルが並びます。

タプナード(オリーブペースト)も ファンから強い支持があるそうです✨

奥にあるのがオリーブオイルが入っているタンク。お姉さんが ちょうど瓶に詰めています。

小さいけれど、美味しさがぎゅっと詰まった店内

わくわくしながら店内に入ると、求めていた たくさんの瓶入りスパイスたち↓↓

見ているだけで楽しい(*´ω`)

こちらではタプナードやオリーブの実が売られています↓

その他、バルサミコ酢やモリーユ茸などの乾物、調味料・ドレッシングや、料理酒などなど。

興味深い商品がたくさんあり、一つひとつ 眺めていて飽きません。

海外の商品も いろいろ。日本のコーナーは結構充実していましたよ♪↓↓

冷蔵コーナーには「酒粕」も売られていました。
欲しかったけど、お値段の都合で断念!

色々目移りしますが、まずは目的のスパイスを。

小売りの瓶売りスパイスの棚を探しましたが

見当たらなかったため、お店のお姉さんに聞いてみたら、

「ちょうど売り切れたところです。。」という悲しいお知らせが。。

私が肩を落としていると、

お姉さんが「あ!」と思い出したかのように、

大きい瓶に入ったスパイスの棚をガサゴソ。。

「ありました!20gから量り売り出来ますが、いかがですか?」とナイスな提案。(←これこれ、これが「スパイス専門店」って感じ!)

もちろん目的の商品を買わずにはいられないので「はい」と二つ返事。

すっかり満足した後は、再び店内を物色して、欲しかった他のスパイスも合わせて購入し、家路につきました(^ー^)


普段の生活では

スパイスを使った凝った料理は なかなかする時間がありませんが、こういった専門店で良い商品に出会うと、

これからは もう少し丁寧な暮らしをしたいな。。。と実感した今日この頃です。

とにかく この界隈は良いお店が色々あり、楽しいところなので、食いしん坊の方は ぜひ足を運んで頂きたいです✨

Sur Les Quais

Adresse : Boutique Marché couvert Beauvau Place d’Aligre
75012 Paris

営業時間 : 火曜~金曜 9:30-13:00、16:00-19:30

土曜 9:00-13:00、16:00-19:30

日曜 9:00-14:00

定休日 : 月曜日

HP(オンラインショッピング可能) : https://www.surlesquais.com/fr/

Rating: 3.0/5. From 1 vote.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す