プロも訪れる?!パリの包丁専門店でMade in Japanの包丁を。

おうちにある三徳包丁。

パリに来て すぐに生活雑貨店で買った、安い代物だったので、すぐに切れ味は落ち、料理をするたびに「う゛~ん😠」と、ストレスの種でした。。

「買い替えないとなー」とは思いつつも、だらだら そのまま使い続けていました。(←さっさと買え)

が、

ロックダウンの発表を受けて

「快適な おうち時間の為にも今が買い替え時!」

と 思い立ったが吉日、

ロックダウンの前日に包丁を求めて旅に出ることに。

欲しい包丁の条件は、

①日本製

②高すぎず、安すぎず

そうなると、日本の包丁も取り扱う包丁専門店で お買い物するのが良さそうと思い、比較的近場にそんな お店はないかな。。と探してみたら、

ありましたありました(^^)

6区にある Coutellerie Bourly / Couteau japonais Paris さんです✨

和包丁を扱う専門店

こちらの、Coutellerie Bourly さん、幅広い数の和包丁を扱うフランスでは希少な専門店で、場所はシェルシュ・ミディ通りから路地に入った閑静な場所にあります。

お向かいには料理の専門学校があったりして、なんとなく微笑ましい立地(^^)

5区にもパンテオン店があります。

店内の様子はというと。。

当り前ですが包丁だらけ(笑)

和包丁以外にも フランスや海外メーカーの包丁もあります。

入口には包丁以外の調理器具も ちょこっと置いてあります。

貝印の刃物は海外でも有名です。

店の奥には包丁を研ぐ部屋もあり、お客さんが持ってきた包丁を店主が研いでくれます。

お店には 菜切り包丁をじっくり品定めするフランス人の料理人の方、研いでもらった包丁を取りに来ている方など、プロの お客さんも ちらほら。

ロックダウン前に訪問しておこうって方が多い印象でした。

今回選んだ包丁は。。

店内はとにかく、様々な種類・メーカーの包丁が ずらりとあり、値段も高いものは200、300€ から、安いものは30€ までと様々。

残念ながら包丁に 200€ とかを払える身分ではないので(笑)、

今回は 50€ くらいの包丁を選びました。

貝印さんの包丁です。

名前が「いかにも」なのは置いておいて(笑)、

切れ味はというと…まずます。

前の包丁が切れなさすぎたので、かなり快適になりました♬

これで おうちでの お料理も楽しくなりそうです。。😌

Coutellerie Bourly / Couteau japonais Paris

Adresse: 35 bis Rue de l’Abbé Grégoire 75006 Paris

最寄駅: メトロ 4号線 Saint-Placide 駅

営業時間: 月曜 13:00-19:00 火曜~金曜 11:00-19:00 土曜 11:00-18:00 (外出制限期間中は異なる)

定休日: 日曜日

HP(オンラインショップあり): https://www.couteaujaponais.com/Mobile/

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す