フランス 冬の味覚、モン・ドール Mont d’or で あつあつチーズフォンデュ♥️

東京よりも 長くて寒い、パリの冬。

ほんとに厳しい寒さで、

時折 嫌気がさしますが、

そんな時

あったかい食べ物が 私たちを癒してくれます♥️

日本だと 鍋が美味しい季節ですね♪(あー 鍋も食べたいなー)

フランスにも 冬に美味しい食べ物が色々。

ポトフは 「フランスのおでん」とか言われますし、チーズを堪能できるラクレットやフォンデュも 冬の楽しみ✨

今回は、

一年で一番忙しい時季を目前に、

この時季に美味しいチーズ、モン・ドール Mont d’Or を使った チーズフォンデュで、

英気を養いました…!

もくじ

今の時季が旬の モン・ドール

そもそも モン・ドールってどんなチーズ?ということで、

ご説明を。

モン・ドール Mont d’Or

フランスとスイスの国境にある、ジュラ山脈の最高峰 Mont d’Or (金の山)という山の一帯で作られている、ウォッシュタイプのチーズです。

生産時期は、毎年8月15日~3月15日、そこから熟成をさせて、販売は9月10日~5月10日までの期間限定となっています。

ちょうど ボジョレーが解禁される頃から今頃の季節が最盛期で、街の Fromagerie チーズ屋さん の店頭には、たくさんのモン・ドールが並びます✨

今回は、近所の商店街にあるチーズ屋さんで購入。

カビが ほわほわしてて 可愛い(笑)

店員さんに 硬さの好みを聞かれたので、「柔らかい」のをお願いしました。

このチーズは柔らかいため、出荷するときはチーズの形状を保つため、木箱に入れます。

熟成が進めば進むほど、どんどん柔らかくなり、スプーンですくって食べられるほどになるそう。

外皮はしっかりとしていて厚めで、外皮を取り除いて中身の柔らかい部分を食べます。


家に帰って、さっそく そのままテイスティングしてみました!

上の皮を取り除いたもの

皮を取ってみて びっくり!

本当に ねっとりとしています。

お味は …

超・濃・厚!!


強いミルクの味に、ほんのりナッツや木の香りを感じます。

結構 重めな印象でした。

いよいよフォンデュ作り。作り方は とっても簡単!

さて、今日の夕飯はフォンデュですよ~♪

フォンデュの作り方は とってもシンプル。

~材料~

・モンドール

・白ワイン

・ニンニク(お好みで)

①チーズの上の皮の部分をナイフで 切り取る

②真ん中部分をスプーンでくり抜き(くり抜いたチーズは、そのまま食べて下さい笑)、くぼみに少量の白ワインを注ぐ。

お好みで ニンニクのみじんをいれても◎

③木の箱が燃えないように アルミホイルで箱を覆い、180℃のオーブンで チーズが良い感じに溶けるまで焼く。

以上!

簡単でしょ?

いざ 実食!

出来上がったフォンデュは、

こんな感じで頂きました🎶↓↓

モン・ドール以外は 激安で揃えました(笑)

一人分だったので、チーズは 全部使わずに スプーンですくって別の容器に取っておきました。

温野菜、じゃがいも、シャルキュトリー などをフォンデュ。

カリッカリのクルトンは、

ちょうど職場で大量に作っていたので、がめてきました(笑)

さっそく 一口。

…ウマすぎる。。。

私的に オススメは、じゃがいもとシャンピニオンとクルトンかな。

ワインが進みます♪

詳しいことは 割愛しますが、

モン・ドールは 赤・白、どちらのワインとも合い、組合せの自由度が高いそうですよ!

たらふく 食べて大満足の夕食でした🎶

久々に贅沢したな…

おうちで お手軽に作れるので、

ぜひ モン・ドール フォンデュしてみて下さい♪

これからのシーズン、

家飲みとか おもてなし料理として、活躍してくれること 間違いなしです✨

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す