フランスはフルーツ天国🎶

農業大国フランス。

食料自給率100%越え&フランスがヨーロッパにある地理上、国内外のフルーツが安く簡単に手に入ります。

日本にいる時から 果物は大好物でしたが、フランスへ来てからは ほぼ毎日夕食のデザートにするくらい、食べる機会が増えました♪

そして 今の時季から秋口までが まさにサイコーの季節!

春から出ている苺、初夏ぐらいから最盛期のあんずや、桃類、イチジク、スペインなどから入ってくる マンゴーなどの南国フルーツ…もう少しすると、葡萄も お手頃価格になってきます✨

日本では 見かけないもの、見かけても 高くて 手が伸びないものも、こちらでは 気軽に買えるのが魅力。

最近は こんな果物を買いました。

白イチジク と 平たい桃 pêche plate

両方とも 初めて食べる果物です。

生は初めての白イチジク

白イチジクは、ドライフルーツでは もちろん食べたことは ありますが、生は初めて。

フレッシュだと、黒イチジクの方が主流で、そちらは結構食べてますが、白いのは フランスでも あまり見かけなかったので、今回 チャレンジ。

味は、黒よりあっさりめ&甘さ控えめの印象。爽やかな感じでした。黒の方が「濃厚」かな?

私はどちらも好きです。

ずっと気になってた「平たい桃」

マルシェに行く度に、そのちょっとブサカワな(笑)フォルムが気になっていた桃。

フランス語で pêche plate 、平たい桃 そのままの名前です。

英語では、ドーナツピーチ、サターンピーチと呼ばれています。

真横からの写真がこちら↓

なんか癒されます( ̄ー ̄)

起源は2000年前の中国なんだとか!

味は、甘く、蜂蜜に似た香りがするそう。

皮を剥くとこんな感じでした。

白桃です。

味は確かに甘かった。

フランスにある、普通の白桃や黄桃は、日本のそれに慣れ親しんだ者には 物足りない甘さなので、これはなかなか良かったです✨

でも 日本の桃が一番かな~(笑)

また 面白い果物があったら、紹介したいです♪

この間、おっちゃんが道端で
皮のまま食べてました…
フランスでは、
果物を皮のまま食べることが多いです。
葡萄は皮のまま、結構美味しいですよ~
Rating: 1.0/5. From 1 vote.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す