フランスならでは?ジュースを飲むなら「シロップ」でお手軽&経済的に♪

パリも 昼間は20℃を超える日がでてきて、冷たい飲み物が美味しい季節になってきました(^^)

日本でジュースを飲みたい時、

普通にスーパーや自販機で ペットボトルとか缶のジュースを買いますよね?

フランスにも もちろん そのようなジュースは売っていますが、

スーパーに行くと、こういった物たちのコーナーが。

ジュース もしくは 飲料水 売り場にあります。

これは 「Sirop」(フランス語ではスィロと発音します) というもので、主に フルーツ味の濃縮液で、これを水で割って飲みます。

日本にも かき氷用のシロップがありますが、それとは違ってちゃんと「ジュース」になるやつです。

ジュースを買うより割安で簡単に作れるので、結構どこの家庭の冷蔵庫にも入っています♪

日本でいうところの 「カルピス」みたいな感じです。

味の種類は イチゴ、カシスなどのベリー系、レモン、ピンクグレープフルーツなどの柑橘系(モヒート味なんてのもあります♪)、ミント、ピーチティー などなど。。

今まで好奇心旺盛に色々と試してきましたが、美味しくて 今でも買っているのは、柑橘系ピーチティーかな。

個人的に ベリー系は甘ったるすぎ、ミントは 「歯磨き粉」でした(笑)(チョコミントは大好物なんですけど…)

シロップの良いところは、1本買えば長いこと持つので、経済的だし毎日大量にジュースを飲む人じゃなくても大丈夫なところですかね。。(ペットボトルだと賞味期限とかが気になる)

後は 濃縮液なので、色々な使い方ができるところ!

割るものが水じゃなくても良いから、炭酸水で割ってみたり、他の飲み物やお酒で割ることも可能ですし、さらにはヨーグルトアイスにかけたり、ちょっとリッチな味のかき氷とかにも使えます。

お値段は 1~2€台で買えますので、

フランスでペットボトルのジュースを買っている方、

シロップも ぜひお試し下さい✨

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す