フランスで、ガストロの洗礼に遭う。【フランス版ノロウィルス?最凶の胃腸炎。でもすぐ完治(笑)】

もう かれこれ2年近く、新種のウィルスとの戦い?が続いている状況ですが、

お陰様で プレゼントを貰うこともなく(笑)、健康に毎日を過ごしておりました。

が、

某月某日、フランス在住4年目にして、

初めてのアレにノックアウトされました。

そう、例年この時季にフランスで流行る、アレ

ガストロ

今日は フランス在住なら一度は罹るであろう、ガストロについて、

身をもって体験したリアルレポートを書いていきたいと思います♪

もくじ

ガストロとは?

フランスで 冬場になると流行る病気の中に、ガストロ というものがあります。ガストロとは、フランス特有の病気という訳ではなく、Gastro-entérite=胃腸炎のことを指すそうです。

細菌性のものもありますが、主にノロウィルスなどのウィルスが原因のことが多く、手を洗う習慣が あまりないフランスでは、学校や職場で流行り出すと、一気に感染が広がるそうです。

(去年は ガストロは面白いくらい流行らなかったのに、みんな油断し始めている証拠ですね)

感染源は お馴染みの生牡蠣や食べ物、感染者の吐しゃ物や便などの飛沫から感染します。

潜伏期間は1~3日で、主な症状に、嘔吐、下痢、発熱、頭痛などがあります。

症状は48時間で大体治まりますが、便からのウィルスの排出は1~2週間ほど続くこともあるそうです。

私の症状24時!

それは 突然やってきました。

夕食を済ませて、2時間くらい。

いつもと違って消化が遅い。見る見るうちに胃が膨れる、膨満感が凄くて眠れない。

その後1時間後くらいで吐き気に襲われ、後を追うように下痢が。

本当に、

毒を盛られて、身体がそれを凄い勢いで出そうとしているような感じでした。

私の場合、1時間に一度のペースでトイレにこもる感じで、

一睡もしないうちに出勤の時間が(夜中3時)。

フランスに来て初めて病欠しました(+_+)

下痢は 出すものを出したら落ち着いたのですが、

嘔吐は 吐くものがなくなっても、胃液を吐く くらいの勢いでした。

そして、「ガストロの時はコーラを飲め」という情報に辿り着きます。

とりあえずスーパーが開く朝の7時まで耐え忍びました。

「ガストロ=コーラを飲め」は 本当だった?!

朝7時。

まだ吐き気が残る中、残った力を振り絞ってスーパーへ直行。

帰宅して すぐにコーラをぐいっと飲みました。

その後も 少しずつ飲み続けて1時間…

なんということでしょう!

症状が マジで治まった(笑)。

37℃の熱と、強い関節痛(特に下半身)は残っていたのですが、

吐き気は 治まり だいぶ楽に。

それからは 脱水症状をリカバリーするためにコーラ1.5リットルと水を交互に飲み続け、夕飯には お粥まで食べられるようになりました。(←個人差があるので、無理に固形物を食べる必要はありません)

次の日の午後には出勤、2日後には ほぼ完治しました👍

この「コーラ」という民間療法は、

実際にフランスのお医者さんも進めるくらいのもので、日本で言う「ポカリスエットで水分補給」に当たるのかもしれません。

コーラの炭酸が胃の不快感を軽減したり、糖分を摂ることが栄養補給にもなるんですかね。

医学的なことは 分かりませんが、コーラに含まれているカフェインも、症状の緩和に一役買っているのかと。(よく、お薬とかに「無水カフェイン」が書かれていたりしますよね)

個人差は あると思いますが、元々健康体の方なら、コーラだけで 治っちゃう可能性大ですので、

騙されたと思って、一度試す価値ありです✨

同僚に教えてもらった お薬。

そんなこんなで、翌日出勤すると、

みんなに「大丈夫?!」とマジで心配されました。(初の病欠だったので)

もちろんガストロの辛さを知っている先輩しかいないので(笑)、

同情の念と、罹ったら こうしろ、ああしろのアドバイスが凄かった。

(こういう時のフランス人の懇切丁寧なアドバイスに愛を感じます)

やっぱり「水分補給が第一」ということと、

こんな薬が良いよとか諸々教えてもらいました。

↓の Vogalib は、吐き気の症状に対応する、短期集中型の錠剤。

同僚から箱の切れ端を貰う(爆)

飲んで数時間すると、吐き気を催してウィルスを無理矢理出させるという荒療治な?お薬と聞きました。(同僚談)

まあとにかく、こういった症状の時はウィルスを出すことが一番重要なので、

症状が長引かない限りは、吐き気止めや下痢止め、解熱剤は使わずに頑張るしかないのかな?と思いました。

しかし、どこで感染したのだろう?

(手洗いうがいは、コロナ前からデフォルト)

その前日に買ったパン?とか考えていたのですが、

よくよく話を聞いたら、職場の売り子さんが2人、

私より先にやられていました…

その線が濃厚かな?

今となっては どちらでも良いのですが。


いつかは、なるだろうと思っていたガストロ。

もう二度となりたくないけど、

まあ良いブログのネタになりました(笑)

後厄の最後の締めくくりに罹って、

「さすが厄年😂」と思ったりも。

今年は ようやく厄年が抜けるので、世の中はカオスだけど、

個人的に穏やかな年になることを祈りたいです…!

◎ 生きていると風邪もひく、色々ある。↓↓

フランスで膀胱炎になった話。~夏にフランスで病気には なれない~
まさかのVélib’盗難と人生初?!の盗難届の提出。
No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。