フランス、国の無料配布マスクを受け取りに…~アベノ○○○との違いは?~

今回のコロナの一件で、

フランスも日本と同じく 国からマスクが無料で配布されることになり、先日ついに そのマスクを受け取りました✨

ロックダウン解除後は、マスクの着用を義務付けているお店も多く、マスクがないと自由に買い物ができないので

すでに自作のマスクを使っていましたが、

「タダなんだから、もらえるものは もらっておこう」という考えと(笑)、「はたして どんなマスクが もらえるのか」気になったので、

記念 ?!に マスク受け取りの申し込みをしてみました♪

フランスでは各自治体によって配布方法が異なる

日本では例のマスクは郵送でもらえますが、

フランスは各自治体で配布方法が違っていて

日本のような郵送タイプ、市役所などの公共施設へ取りに行く方法、パリのように住んでいる区の薬局へ取りに行く、という方法など さまざまです。

パリの場合は、

まずパリ市の特設サイトにアクセスして個人情報などを入力、次にマスクを受け取る日付を選んで確定。

その後 受け取りの際に提示する証明書が添付されたメールが届くので、

予約した日に近所の薬局へ行き、証明書のPDF (印刷しなくてOK)と身分証明書を提示して受け取る、という簡単ステップです。

ちなみに予約の際に薬局の指定は なく、配布している薬局であれば、どこへ取りに行っても良いみたいです。

薬局にも よりますが、下の写真のように 店の入口に分かりやすく貼り紙している薬局もあります↓↓

受け取ったマスクは

で、わくわくドキドキしながら 受け取ったマスクが…

うーん、微妙♪(笑)

配布されるマスクは、

パリでは3種類あり、「このタイプは欲しくない…」と思っていた「くちばし型マスク」が見事に当たりました(^^;

その他のマスクは、一般的な市販品と同じ形のマスクもあるそう。

マスクと一緒に、マスクの説明書も もらいました↓↓

内容は、マスクの使い方、布の品質表示、マスクのお手入れ方法など。

マスクは 10~20回(←幅が広すぎ(笑))洗濯して繰り返し使えるとのこと。

多分、これを着けて外に出ることは なさそうだけど、

「各パーツは、自前のマスク作りに再利用出来そうだな」と考えてしまいました。。(>▽<)

受け取るまでのスピード感について。

日本では「#マスクいらない」とか言われていましたが、フランスも そこまで早くはなかったです。

でも 当初「ロックダウン明けの5/11までに配布する」と言っていて、5月末に受け取ったので、

日本より かなりマシなのではないでしょうか?

パリのシステムの良かったところは、

申し込みの際に 高齢者や感染リスクが高い家族がいるかどうかを確認して、そういった家庭を優先して 早く受け取れるようになっていたこと、

欲しい人だけが受け取りに行くシステムなので、ムダがないところですかね。。

マスクのクオリティは 置いておいて、

フランスの対応は まずまずだったのでは? と、個人的には思いました✨


これから どんどん暑くなって マスクが苦しい季節になりますが、

引き続き 気を引き締めて生活していきたいと思います!

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す