パリ Manufacture Cluizel の ホットチョコレートで満たされる。。

昨年から始めた 冬の楽しみ、

Chocolat Chaud ホットチョコレートめぐり

寒さが厳しく、いつもどんよりとした天気のパリの冬に

途中で飽き飽きするのですが(笑)、

こういった小さな「楽しみ」を見つけて

春の訪れを待っています。

名立たるパティスリーやショコラトリー、カフェなどが集まるパリは、

ホットチョコレートもクオリティが高く。。

今回は こちらのショコラトリーのホットチョコレートを頂くことに↓↓

Manufacture Cluizel さんです(^^)

1948年創業の歴史あるショコラトリー

Manufacture Cluizel さんは、1948年にノルマンディー地方で生まれました。

夫婦2人で始めた小さなお店でしたが、

その確かな味で、三代目の現在は とても大きな会社に成長、

アメリカなどへの世界進出も果たしたそうです。

世界各地にある 7つの農園と提携してカカオ豆を仕入れていて、その土地の豆によって異なる香りのチョコレートを楽しめるのが魅力。

チョコ好きの為にアトリエを定期的に開催していたり(現在は休止中)、創業地のノルマンディーには Le Musée Chocolatrium というチョコレートの博物館もあるんだとか! 

パリには現在4店舗あり、今回はマレ地区Petite Manufacture Michel Cluizel にお邪魔しました。

シンプルでモダンな店内は。。

ある平日の昼下がりに訪問。

場所は「マレと言ったら!」のロジエ通りにあります。

店内の雰囲気は こんな感じ↓↓

入って左手にタブレット(板チョコ)やコフレ、正面にボンボン、右手には お茶がたくさん!

シンプルで見やすい店内です。

以前は店内での飲食も できたみたい。

あまり大々的ではありませんでしたが、

来るバレンタイン限定のチョコも置いてありましたよ♪↓↓

コスパ良し!優秀なホットチョコレートは…

で、こちらが今日のメインのホットチョコレート↓↓ 3,50€。

ビーガン用の燕麦ミルク(←めっちゃ気になる!)を使ったホットチョコレートも あるそうなので、
興味がある方はぜひ!

店の お姉さんに「熱いから気を付けて!」と強めに(笑)念を押された通り、本当にアツアツ。猫舌なので、しばらく界隈をウロウロしてから 頃合いを見計らって飲みました。

72%のブラックチョコレートを使ったホットチョコレート。

カップに口を近づけると、まるでチョコのコフレの箱を開けたかのように

豊かな香りが ぶわっとしました。

一口飲むと。。。

……濃い!!!

日本で飲むココアの5倍濃縮みたいな感じ。(安い表現ですみません。。)

そして めっちゃ甘い(*´ω`)

でも ただ甘いだけではなく、コクもあって、

さすがショコラトリーのホットチョコレート、飲みごたえ抜群です。

これが3,50€で 味わえるなんて、かなり嬉しい(^^)

仕事終わりの死にかけた身体が みるみる 元気になりました。

チョコレートパワー恐るべし。。!

せっかくのショコラトリーなので、もちろんチョコレートも買いました。

色々な産地のカカオを少しずつ楽しめる Étui Chocolat de Plantation 10,40 € と

ヘーゼルナッツペーストとプラリネの入ったチョコバー Tendre Moment 2,15 € を購入。

バラのチョコは お姉さんがサンプルで入れてくれました♪

ちょこっとずつ(←ギャグじゃないです)、楽しみながら味わいたいと思います。


昨年に引き続き、今年も 美味しいホットチョコレートを頂くことが出来ました✨

次は どこの お店のを頂こうか。。

とは言え超ハイカロリーな代物なので、開拓は少しずつしていくつもりです(^^;

Petite Manufacture Michel Cluizel

Adresse : 2 rue des Rosiers 75004 Paris

営業時間 : 水曜~土曜 10:00-12:30 13:30-17:30

定休日 : 月曜・火曜

HP : https://www.cluizel.com/fr/

◎これで あなたもホットチョコレートマスター!!!↓↓

寒い日はショコラトリーの濃厚ホットチョコレートでほっこり♥️Chocolaterie Cyril Lignac
パリ ベルティヨンの Chocolat Chaud ショコラ・ショー セット が豪華すぎる…アイスクリームの名店は ホットチョコレートも すごかった。

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す