パリ在住日本人が集う?!日本食材店・京子食品へ初訪問!

✨2020年 初投稿!✨

新年明けましておめでとうございます!

毎年 毎年 、一年が早い(泣)

今年も フランスでの生活を楽しみながら、

色々な経験や発見を

このブログを通して お届けできればと思っております。。


さて、

パリで 早くも2回目の新年を迎えましたが、

前回の年越し&元旦は

まるっきり日本色なしで フランス スタイルの食事。

日本を離れて1年以上経つし、

ちょっと「日本の行事」も 恋しい…

なので

今年は 日本スタイルで、

年越しは お蕎麦 食べて、元旦は お雑煮にしよう! と決め、

日本食材店に買い出しに行くことにしました!

パリの日本食材店といえば ココ!

パリでは 日本食材は比較的簡単に手に入ります。

Tang Frères など アジア系のスーパーや、フランスのスーパーでも 手に入れることが出来ますが、

せっかくなので 今回は

パリで有名な

京子食品 へ 行ってみることに。

観光客も多い ピラミッド周辺。
オペラ通りから
裏道に入ったところにあります

京子食品は、

1974年創業の 日本人経営の老舗日本食材店で、

その品揃えの豊富さから、

パリ在住日本人は もちろんのこと、日本食を楽しむ フランス人など たくさんの外国人にも親しまれ、

さらには

日本食レストランなど プロからの仕入れも 請け負っています。

まさに パリを代表する日本食材店。

どんな お店なんでしょうか?


店内は日本そのもの!

お店は 2階から 成っています。

まずは 1階の様子から ご紹介。

1階

基本の調味料(醤油、出汁、みりん、味噌など)は 圧倒的充実度!

一般的なメーカーから ご当地ブランドまで 幅広く 取り揃えてありました。

お茶類も同じく、色々選べます↓↓

冷蔵コーナーには、

ドリンク類、日本の野菜(しめじ、榎茸、キャベツ、ねぎなど)、チルド品(練り物や豆腐)、

冷凍食品

冷凍餃子、麺類、薄切り肉、お弁当のおかずの他、「雪見だいふく」などのアイス類も!

お米

コシヒカリ や ササニシキなど、数種類あって、大体1~5kgの単位で 売られていました。

お酒類は 日本酒と梅酒がメイン。

梅酒飲みたーい!!

お菓子売り場

甘いのも しょっぱいのも両方置いてありましたが、思いの外 小さめでした。

その他、

入口の近くには、年越し・お正月用品も充実していて、お餅、蕎麦、黒豆、栗の甘露煮、小豆などが置いてありました(^^)

2階

階段を上がって 目の前に広がるのは、インスタント麺コーナー

2階は 乾物がメインで、

その他には

蕎麦、そうめんなどの乾麺、お好み焼きなどの粉もの類、カレーのルー、海苔、ソース類、SBのチューブ調味料や和菓子の材料など、

本当に多岐にわたります。

さらには 食器やキッチン雑貨まで置いてありました。

ほんと、日本のスーパーと 何も変わりありません。

ただ、

2階で流れていたラジオのみが フランス語で、なんとも不思議な気分になりました(笑)

気になる商品のお値段は…

いかなる場合でも、

輸入した日本の商品は、高くなるというもの。

商品にも よりますが、

大体が 日本での値段の 3倍くらいのお値段でした。。

うー、厳しい!(>_<)

頻繁には 買えませんね。

でも インスタント麺に 関しては、

一つ 1,50€ くらいのものも あったので 比較的リーズナブルかな?

結果的には 以下を購入↓

・まる餅 360g 6,35€

・めんつゆ 300g 3,10€

・羊羮 1,20€

餅 高い。。。泣

羊羮は 誘惑に負けて 予定外の購入(笑)

今回 訪問しての感想は、

京子食品に行くのは、「最後の切り札」ですかね。。

アジア系スーパーで 代用できるものは代用して、

どうしても 日本製が良いもの、日本にしか存在しない商品などは こちらに買いに行くという感じで、

上手く使い分けるのが良いと 個人的に思いました。

ただ、

とにかく「日本食」に関するものは

こちらに行けば ほぼ手に入るので、

パリ生活をスタートする方は

一度は チェックしてみると良いと思います✨

京子食品

Adresse: 46 rue des Petits Champs 75002 Paris

メトロ: Pyramides (7・14号線)

営業時間:火曜~金曜 10:00-20:00
日曜 11:00-19:00


定休日:月曜


Tel: 01 42 61 33 66

HP:https://www.kioko.fr/jp/

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す