パリから日帰り〜プロヴァン〜

バカンスまで 残すところ2ヶ月を切りましたが、どこか遠くへ行かないと、そろそろ発狂しそうだったので(ず~っと同じ場所・同じ生活だと フラストレーションが溜まる性格なんです(笑))、お休みの日に早起きして日帰り旅行してきました♪

プロヴァンって?

Provins プロヴァンはパリから南東約90kmのところに位置する世界遺産の町。

12世紀にシャンパーニュ地方で交易都市として栄え、美しい中世の街並が残る旧市街には、国が指定する歴史的建造物が50ヶ所以上あり、2001年にはユネスコ世界遺産に登録されました。

またプロヴァンは現在のバラの原型となった最古のバラの発祥地としても有名で、バラの製菓産業が盛んに行われていたり、バラのコスメやアロマなども手に入るので、バラ好きには最高の街です。

行き方

パリからプロヴァンまでの行き方は、パリ東駅から トランシリアン Transilienの P線を利用して約1時間半です。

チケットとしては、モビリスMobilis のゾーン1-5が一番お得だと思います。(最寄駅のメトロで購入、丸1日利用可能なチケットで 17,80€です)

プロヴァン到着!

トランシリアンの終点。小さな駅です。

駅のまわりに何もない感じが、「パリから離れた感」を実感させます(笑)

まずは、混まないうちに、バラ園へ直行!

ちなみに、観光案内所は 駅を出て すぐのところにあります。

バラ園までの道中、旧市街は歩かないのですが、既に可愛らしい家々を見つけたり、パリとは違う街の長閑さに テンションが上がります♪

裏道には こんな綺麗な用水路があったり…

絵になる風景が 思いの外たくさんあったので、若干寄り道してしまいましたが(笑)、なんやかんや20分くらい歩いて ようやくバラ園に到着!

Roseraie de Provins プロヴァンバラ園

バラ園があるところは、とても閑静なところで、「本当に観光地(バラ園)があるのかしら?」と一瞬思ってしまいますが、入口で すぐに「バラ園」って分かります。

ため息がこぼれるほど 立派なバラ!

中に入ると、まずこんな感じで ブティック、カフェがあります。

ここで見学料金を支払って、いよいよ庭園へ!

広い園内には、美しいバラがたくさん!

至るところに ベンチや 一人掛けの椅子があり、のんびりとバラを堪能できるようになっています。

バラだけでなく、気持ちの良い木立も。。

バラの香りに包まれながら、めいっぱい堪能しました✨

Roseraie de Provins プロヴァンバラ園

営業時間: https://www.provins.net/sites-incontournables-de-provins-tourisme/nature-ames-de-jardin/la-roseraie-de-provins/

入場料: 7€

旧市街を散策

バラ園のあとは、旧市街の散策です。

旧市街は高台にあるので、だらだらと長い坂が続きます。人によっては ちょっと大変かも。

よく「老後になったら旅行する」と言いますが、「体力がある 今しないでどうする?」と個人的には 思います。フランスには、体力がないと キツい観光地が結構あるので。。

この日は、かなり気温が高かったので 汗だくでした…

で、旧市街の中心に到着!

La Place du Châtel シャテル広場

こじんまりした広場。

このまわりに、レストランや ブティック、観光案内所も こちらにあります。

La Tour César セザールの塔

プロヴァンの街を見渡せるこの塔。

シャンパーニュ伯爵の強さの象徴として、12世紀に建てられたそうで、監視塔、鐘楼、牢獄など、複数の機能を果たしていました。

素敵な街なので、是非とも その眺めを高いところから見たい!ということで。

そよ風に当たり、汗だくの体をクールダウン(笑)

緑がいっぱいの景色に癒されました。

セザールの塔

営業時間: 3/30~11/3 毎日10:00-18:00

1/2~3/29と11/4~12/31 毎日14:00-17:00

12/14と12/15 11:00-18:00

入場料: 4,30€

ちょっと休憩&水分補給

バラジャムクレープで小腹を満たし、タダの水で水分補給(笑)

しばし ぼけーっとしました。

要塞と門を見学 La Porte Saint-Jean et les remparts

プロヴァンは 要塞 les remparts も有名なので、登ってみました。

La porte Saint-Jean サン・ジャン門
要塞の階段は、
上りは大丈夫なんですが、
下りは ちょっと怖いです。。
要塞の上から
外から見た要塞。
この中が旧市街になっています。

要塞のまわりもぐるっと散歩していたら…

一面の麦畑! 癒される。。。

La Collégiale Saint-Quiriace

再び門をくぐって旧市街へ戻り、教会を見学。

教会の中は びっくりするほどひんやりしてました。

旧市街や新市街を散策

帰りの電車の時間まで、旧市街のブティックや新市街をのんびり歩きました。

メルヘンなお土産屋さん
プロヴァンは、個人のお家にも
立派なバラがたくさんあるので、
ぜひ歩いて堪能して欲しいです
無料だったので、
ギャラリーも楽しみました✨
新市街も、素敵なスポットがたくさん♥️

以上がプロヴァン日帰り旅でした♪

小さい街ですが、1日で回れるサイズで観光しやすいですし、何より長閑な雰囲気と自然に癒されるので、長期滞在で「何もしないで ただ のんびりする」というのも最高だと思います。(プロヴァンには素敵なシャンブル・ドット (フランスの民泊)が結構あります)

パリから1時間半で こんな素敵な場所を満喫できるなんて…充実の休日でした✨

今度は のんびり泊まりで来ようかな。。

ちなみに、来週末6/15,16 は 「中世祭り」が開催されるみたいですよ(^^)

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す