オクシタニー旅行3日目〜トゥールーズ&カルカッソンヌ〜

旅行3日目。

昼前まで ホテルで のんびりしてから トゥールーズで最後に向かったのは、ヴィクトル・ユーゴーマルシェ

屋内型の常設市場で、トゥールーズの台所です。

お肉屋さん
魚屋さん

肉、魚、野菜は もちろん、チーズや、パン、お惣菜、ご当地もののフォアグラなど、ここで全部手に入ります✨

フォアグラ・鴨肉専門店
マルシェの外にはBioの八百屋さん

特にお肉や、シャルキュトリーは トゥールーズの地産のものが見れて 面白かったです。スペインやポルトガルに近い土地柄、そういった専門店もありました。

そして、

このマルシェのもう1つの目玉は、2階にあるレストラン街

ここで トゥールーズの美味しい料理が味わえます。

今日は ここで この日メインの食事をすることに。

前菜 シャルキュトリーのサラダ
鴨のコンフィ
トゥールーズに来て
なぜかティラミスをチョイス(笑)

メインはもちろん、鴨(笑)

やっぱり美味しかった♪


トゥールーズに別れを告げて

午後の電車に乗り、

次の目的地、カルカッソンヌへ。

1時間足らずで到着!

目の前には 憧れのミディ運河が。。

早くお散歩したい!

ちょうど 川の水位を変えている途中でした↓

今回は ホテルではなく、アパートを借りる予定。

約束の時刻まで まだ時間があったので、街を歩いて 観光案内所へ。

街のメインストリートが、可愛いすぎる!

黄色がチーズに見える…

コンパクトな街で、建物も結構古い印象。

良い感じの「田舎感」にリラックス♥️


そうこうしているうちに

約束の時間になり、アパートへ。

事前に送られた メッセージと写真を手がかりに、アパートの鍵を手に入れ、なんとかエントランス内へ。ゲームのようでした(笑)

そして

フランスのアパートの鍵にどうも慣れなくて、部屋の扉の前でも数分間格闘(泣)

ようやく室内に入ると、1人にはもったいないほど広くて、テンションが上がります!

うちの2倍、
バルコニー入れたら3倍あります!

アパートで のんびりした後は、

夜の街へ。

目的は 「シテ」の夜景を撮るため!

(「シテ」については4日目の記事で説明します)

アパートから 15分くらい歩くと、いよいよ シテの全貌が。。

美しい…!

見惚れちゃいます。。♥️

せっかくなので、シテの中にも行ってみることに。

橋を渡って 中に入るまで、地味に距離がありました(^^;

やっぱり夜は雰囲気あります✨

ロマンチックな歌を
披露する人たち

明日の探検を楽しみに 4日目へ続く。

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す