アラブ世界研究所の写真展

先日の お休みの日、

入会している 写真クラブの企画で、

写真展めぐりをしてきました。

今回訪れたのは、こちらの写真展↓↓

5区にあるアラブ世界研究所 Institut du monde arabe が主宰する、

Troisième Biennale des photographes du monde arabe contemporain

アラブの現代写真展です。

先日 ご紹介した、ヨーロッパ写真美術館も協賛して 開催されている こちらのイベント。

ヨーロッパ写真美術館 ~写真好きの方におすすめしたい、パリジャンからも定評のある穴場美術館~

アラブ圏で撮影された写真が、アラブ世界研究所とヨーロッパ写真美術館に展示させる他、4区の いたるところにあるギャラリーや 役所にも 展示されるという、写真展のお祭り!

役所やギャラリーでの展示に関しては、

無料なのも 嬉しいところ。

写真展が開催されている地図

ここからは

足を運んだところを少しご紹介。

4区 区役所

役所内の一室が展示会場でした。

白黒の写真も 魅力的でした✨

Galerie ⅩⅡ

こちらのギャラリーでは、写真のプリント方法が特殊な作品が置いてあり、写真の表現方法の幅広さを知れて 勉強になった!

日本の和紙にプリントしている作品!
こちらも 同じく和紙を使ったもの。
「柔らかさ」や「懐かしさ」が漂います
こちらは水彩画用の画用紙を使用。
プリントは、パステルを使い
手作業で行ったもの。
ノスタルジー溢れます

何軒か ギャラリーなどをハシゴして、

最後に訪れたのは。。

ヨーロッパ写真美術館

こちらは 美術館なので有料。

今回 開催されていたのは、

モロッコ人デザイナー、Hassan Hajjajの写真展です。

Hassan Hajjajは、古い小麦袋や空き缶など、リサイクル資源を使った作品で有名なデザイナー。若い頃をロンドンで過ごし、色々なカルチャーの影響を受けます。

数年後には写真にも分野を広げ、友人や憧れの人物などに、写真を通して敬愛を示したり、彼を取り巻く文化などを鮮やかに記録しています。

モロッコには とても興味があって、来年旅行に行く予定だし、

前回 こちらの美術館に来たときにも、次回の企画展ということで、こちらの展示が気になってたんです!

ただ、「絶対に(この企画展に)行く!」

というほどでも なく。、

こうやって 訪れることになったのは、

これは モロッコに呼ばれている!?(笑)


美術館の中は、

とても エネルギッシュな作品で溢れてました✨

額縁に缶詰!

アラブの国って、

個人的に どうしても 「歴史のある」とか、ちょっと 埃っぽいイメージが強かったんですが、

今回の写真展は 新たな発見でした。

写真的にも 人物をダイナミックに、印象的に撮っている作品がたくさんあって楽しかったです。

週末の夕方に訪問したのですが、

外に行列ができるほどの大盛況ぶりに感心!

カッコいい おっちゃん達。

あと、

今回こちらに訪れて もう1つ感心したところが。

それは、写真展に合わせて、館内の内装とかも前回の展示と替えていること!

今回の 企画展の為の壁紙。
ちょっと 目がチカチカする(>_<)
アラビア語があったり。。
Hassan Hajjaj デザインの椅子。
本物かは分かりませんが、
ヴィトンなので座っておきました(笑)

写真以外にも 楽しめる部分があって 素敵♥️

気持ちがハッピーになる企画展でした♪

ヨーロッパ写真美術館

Hassan Hajjaj 展 (11/17まで)

5/7 rue de Fourcy 75004 Paris

開館時間: 水曜・金曜 11:00-20:00, 木曜 11:00-22:00, 土曜・日曜 10:00-20:00

休館日 月曜・火曜

料金: 10€, 年間パス33€

HP: https://www.mep-fr.org/

こちらは、違う人の作品。
「アラブの若者」がテーマ。

アラブ写真展は 11/24まで開催しているので、

興味のある方は ふらっと出掛けてみて下さい♪

HP: http://biennalephotomondearabe.com/

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す