アジア食料品店 Tang Frères

フランスにいても、アジアの料理は食べたいもの。料理に必要な調味料や食材は普通のスーパーでも 売っていますが、とっても高い。「この値段出すなら、普通に洋食で良いわ。。」と思ってしまう感じです。

先日、パリで なかなか規模の大きいアジア食料品店、Tang Frères 「タンフレール」へ行ってきたので、ご紹介したいと思います。

タンフレールは、1976年創業の中華系のアジア食料品店で、パリとその近郊に10軒の食料品店と6軒のお惣菜店があります。取り扱い商品は、中国のもの以外にも、日本、韓国、台湾、ベトナム、フィリピンなど。

今回 お邪魔した店舗は、中華街のある13区にあります。アジアのレストランや洋服、雑貨店などが入った複合ビルの中のお店です。

ビルの前で
勝手に野菜売ってる
中国人の人たちがいっぱいいて、
中国に来たかのようでした。。

店に入ると、まず青果コーナー。

中華料理に使う野菜が色々。チンゲン菜とか 日本のキャベツとか しめじ も売ってます。パクチーは ごっそり一掴み分くらいの量で 1€切ってました。

次の冷蔵コーナーは、チルド惣菜とか、デザート、飲料系。中国産の豆腐も売ってました。

乾物系は、椎茸などのダシをとるものや、お茶、缶詰め、調味料、お菓子なども種類が豊富。日本にいるときに買っていた、プーアル茶がフランスで半値になっていて、かなり嬉しい。ナンプラーなども1€台なので お得です。

精肉コーナーは、豚、牛、鶏、全部 揃っていて、これも びっくりするほど安い!今回鶏もも肉を購入したのですが、1キロあたり、2,15€!フランスのスーパーと比べものにならないくらい安いです。

カウンターで、「〜を~くらい下さい」と伝えると、お肉屋さんが計ってバーコードシールを貼ってくれるシステムです。

お肉屋さんの おじちゃんに「日本人?中国人?」と質問されました。きっと いつもお客さんを当ててるのかも。感じの良いお肉屋さんでした。話は変わりますが、フランスで アジア系の人を見かけると、私も自然に「どこの国かな~」と考えてしまいます(笑)

他にある売り場は冷凍食品売場。

こちらは、冷凍野菜、中国のお餅みたいな冷凍デザートや海老とかの海鮮など、結構スペースが広かったです。

あとは 点心用のせいろや、調理器具も置いてありました。

これだけ買って、7€!

日本の商品は?と言いますと、そこまで多くはありませんでした。日本産は醤油、ワサビ、インスタントラーメン、カレーのルー、日本酒、アサヒのビールくらい。あとは、中国産の醤油とか、うどんがありました。キッコーマンの醤油が 普通のスーパーの半値近くで売ってたので、かなり安いですが、中国産の醤油は、それを さらに下回ってました。

お客さんは、中国の人はもちろん、フランス人も たくさんいらっしゃいます。結構 みんなアジアの料理が好きみたいで、私がいたホームステイ先のマダムも、よく通っていたみたいです。

もともと、日本の中華街とか、アジアの食料品店が好きなので、店内に いるだけで楽しい!フランスのスーパーも楽しいのですが、アジア系だと、馴染みがあるので、なんだか安心感があります(笑)

日本食材店、アジア系の食料品店は まだまだ 他にもあるので、色々と開拓してみたいです✨

ちなみに こちらのビル、とてもディープな雰囲気が漂っていて 面白かったので、タンフレールでお買い物の際には ぜひ他の店舗も 覗いてみて下さい♪

本場のアジア料理は もちろん、
洋服、雑貨、K-POPアイドルの店まで。
古い屋内商店街のような、
妙に懐かしい雰囲気(笑)

Tang Frères

Adresse : 48 Avenue d’Ivry 75013 Paris

HP : https://www.tang-freres.fr/

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す