ついつい忘れがち。。Carte Vitale 健康保険証は毎年更新!

フランスで健康保険証を手に入れて、もうすぐ1年。。。

保険証が手元に届く際に、案内に記載されているのですが、

フランスでは健康保険証 Carte Vitale の更新を 毎年しないといけない仕組みで、忘れると 給付金がスムーズに受け取れない場合があるそう。。

お医者さん なんか滅多にかからないので、

「絶対忘れる!」と思い(笑)、保険証が届いた その日にスケジュールにメモしていました。

先日 その更新をしてきたので、

今回は その方法について書いていきたいと思います。

なんで「毎年」更新なの?

そもそも なぜ毎年更新しないといけないのか?

まずはカード自体が1年毎にしかアクティブ状態にならないということと、

例えば データ上(SECUが管理する情報、Ameliのアカウント)の個人情報を変更しても、カードのICチップに埋め込まれた情報は自動更新にはならないので、毎年 更新作業をする必要があるそうです。

また、住所などの登録内容を定期的に見直す機会としても、

この年1回の更新が 一役買っているそうです。

更新は Borne という機械で!

保険証の更新は Borne という機械でやります。

Borne が置いてある場所は 各区の社会保険事務所 CPAM か、一部薬局にも置いてあるそうです。

健康保険のサイト Ameli でも、Borne がある場所を探せるようになっています。

大体の機械が 休日問わず24時間使えるので便利です。

今回は最寄りのCPAMで更新してきました♪

簡単すぎた更新。。

買い物ついでに 近くのCPAMへ。

事務所の入口の横に Borne が。

窓口は まだ コロナの影響で閉まっていました。。

なんだか 年季を感じる Borne (笑)

「更新」だから、色々と入力作業とかがあるのかな…

と思っていたのですが、

保険証を入れて…

カード挿入口は
タッチパネルの右下にあります。

え…

終わり!?

思っていた以上の あっけなさ!

このあと登録情報に変更がある場合は、「Mes Services 」をタップして手続きをして下さい。(※Ameliの個人アカウントを作った際に最初に設定したパスワードを求められるので注意!)

もちろん ネット上の Ameliの個人アカウントからも変更可能です♪

※ Ameliの個人アカウントでの変更の後は、おそらく Borne へ 保険証を挿し込む作業が必要になります。


と、こんな感じで めちゃくちゃ簡単な更新でしたが、

住所など、登録内容の変更があったら、その時点で早めに手続きをしましょう。

普通の手続きでさえ 時間がかかる おフランスなので(笑)、できるだけリスクを減らすためにも 大切です…!

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す