【フランス旅行記】プロヴァンス旅行~2日目アルル・世界最大級の国際写真展と街歩き~

旅行2日目。

朝の清々しい風を感じながらスタート。

今日も暑くなりそうだ。。

朝のビーチは静か。

この日はアルルの写真展がメインイベント!

なのですが、

滞在中は ほとんど自炊する予定だったので(安上がり&感染のリスクが減るので…)、食料を調達しに街のマルシェへ。

サント・マリーの朝市は毎週 月曜と金曜Rue Roger Delagnes 通りで行われています。

マルシェには新鮮な野菜や果物、プロヴァンスやカマルグの名産が ずらり。

食品の他にも、海街だけあって水着や涼しげなワンピースを売るお店も ちらほら。

この日の夕食には プロヴァンス地方の名産の一つでもある、仔羊肉を。

ステーキにしていただきました♪(写真失念)

市場に魚屋は出ていなかったので、街の魚屋もチェック。

この日は、牡蠣などの貝類を購入。

ヨーロッパ最大級の写真展 Les Rencontres de la Photographie

さて、準備を整えアルルへ遠征(笑)

1970年に設立され、今年で52回目となる Les Rencontres de la Photographie は、アルルの街を挙げて行われる 写真の国際フェスティバル

毎年7月から9月にかけて開催されます。

展示会場は 「アルルの街」!

なので、公園や公共施設、教会など、

ありとあらゆる場所がこの時期展示会場に!

世界各国のアーティストの写真が展示されるので、

様々なテイストの写真があって、とても見ごたえがあります!

お客さんには、

写真を見る専門の人もいれば、

言わずもがな、お気に入りのカメラを提げた カメラ好きも たくさん!

同じものを好きな人が、夏のあいだ この街に集まる。

とても素敵なイベントだな…と思いました✨

Les Rencontres de la Photographie

料金 : 一日券 28€(オンライン購入)、34€(現地購入)

HP : https://www.rencontres-arles.com/

写真展を見ながら街ぶらも。

途中 昼食休憩。

相棒が「どうしても うまいラーメンが食べたい!」

ということで、日本人経営の めちゃうま ラーメン さんへ。

この旅で唯一のレストランでの食事!(笑)

本当に「めちゃうま」で 大満足でした(*´ω`)

写真展は、アルルの街中で開催されているので、

街ぶらも同時進行。

やっぱり一度は見てみたい、

ゴッホの「夜のカフェ」で描かれたカフェへ。

Place du Forum にあります。

ゴッホの黄色は アルルの黄色!

魅力的なカフェでした(写真撮っただけ笑)

こちらも有名、L’Espace Van Gogh !

ゴッホが入院していた病院跡を利用した総合文化センターです。

こちらでも写真展が開かれていました。

プロヴァンスの太陽をたっぷり浴びられる中庭

少し離れますが、LUMA もチェック!

こちらもカルチャーセンターで、建築はパリのフォンダション・ルイ・ヴィトンの設計を手掛けた Frank Gehry 氏によるもの。

午後の強烈な日差しに、ギラギラ。

LUMA HP : https://www.luma.org/fr/arles

一通り見るものを見た後は、

プロヴァンスの強烈な日差しと暑さにやられて、

そばの公園の芝生で ごろごろしながら

また海街へと帰っていきました。。

3日目・4日目に続く。

◎パリの写真美術館と言えば。。↓↓

ヨーロッパ写真美術館 ~写真好きの方におすすめしたい、パリジャンからも定評のある穴場美術館~
No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。

コメントを残す