【パリ】クリニャンクールの蚤の市でノスタルジーに浸る。~冬の蚤の市そぞろ歩き~

私の休日は、

大体パリの左岸か、マレ、10~12区あたりをウロウロしているのですが、

年1回くらいのペースで行きたくなるのが、

モンマルトルクリニャンクールの蚤の市

自分の中では、ちょっぴり非日常を味わえる場所の一つです(*´ω`)

で、今 世の中で起きていることが

あまりにも馬鹿馬鹿しくなったので(笑)、

ちょっと気晴らしに、のんびり気ままに蚤の市へ行くことに。

今回は、ゆる~いレポートなので、

詳しい蚤の市の情報に関しましては、下記の記事をご参照ください♪

クリニャンクールの蚤の市【パリ3大蚤の市】

そぞろ歩きスタート。Vernaison地区

家事をして、ブログを少し書き進めて、

カメラを提げて、15:00 頃到着。

まずは安定のヴェルネゾン地区から。

いやー、見るだけでテンション上がる!

こちらの お店はアクセサリー類が充実していてオススメ!

Michelet 通り沿いの入り口から入ってすぐ右側のお店。

女子は カラフル&キラキラに弱い。

気になるカメラも いっぱいだぁ…

季節柄&夕方だからか、人は少なめ。

のんびりと お散歩できます(^^)

物欲は ない方ですが、

蚤の市に来ると やっぱり財布の紐が緩みそうになる。。

↓↓のブレスレットは めちゃくちゃ惹かれたけれど、

普段からブレスレットは あまり着けないのに、どこ着けてくんだ?と思い直し、

見るだけに留める(笑)

ヴェルネゾン地区は、小さな お店がたくさん集まっている地域なので、

細かく区画整理された地図があります。

Allée N°10あたりのゾーン↓は、屋根付きで薄暗い雰囲気が個人的に好き。

↓は 白黒フィルムで撮ってみた。出来上がりが楽しみ♪

Dauphine地区

続いてはドフィーヌ地区へ。

相変わらず良い雰囲気(*´ω`)

ノエル仕様のものもあって、うっとり。

あー、あと少しで怒涛のノエル→ガレットかぁ。。(嫌だな笑)

ドフィーヌ地区は屋根付きの2階建て構造で、

1階が、大きなアンティーク家具やギャラリーがメインで ちょい敷居高め。

2階は 雑貨、レコード、古着などで、お気軽な感じ。

1階は さらっと見て、2階へ。

うん、やっぱり楽しい。

今日は 気分転換がメインなので、じっくり買い物には至らず。

それでも、インスピレーションを与えてくれるものが色々あった✨

PAUL BERT / SERPETTE 地区

最後は 家具がメインの PAUL BERT / SERPETTE 地区へ。

こちらの地区は、いつも「参考程度」に歩くだけなのですが(笑)、

こちらも ノエル仕様の飾りやイルミネーションがあって、雰囲気が良かったです。

可愛い お皿❤

だんだんと日が陰り、空気が さらにひんやりとしていく。

アンティークが醸し出す空気と相まって、

なんともエモい感じ。

この気分を味わえただけでも 大満足✨✨

この蚤の市は いつもと変わらなくて、

(厳密に言えば少しずつ変わってはいるのですが…)

なんか中庸に戻された気分になりました。

良さそうな写真も撮れたので、

いずれインスタ@reminiscence_trouvaille にて あげたいと思います♪

蚤の市 公式HP : https://www.pucesdeparissaintouen.com/

◎アンティーク好きなら こちらもオススメ✨↓↓

マレ地区 Le Village Saint-Paul で 静かな午後を。

No votes yet.
Please wait...

投稿者: 青空

パリ在住のブランジェ。 2015年に初のフランス1人旅をしてフランスの魅力に取りつかれ、2016年ワーキングホリデービザにて1年滞在。帰国後 再渡仏の為に奮闘、2018年10月に念願の労働ビザを取得し、現在に至ります。